企業開示ライブラリ

コード・名称
タイトル
全文検索
発表日
 - 
文書種別
EDINET
TDnet
取引所
プレスリリース
官公庁
※プレスリリース、官公庁へのリンクは、外部サイト「JPubb(ジェイパブ)」へ移動します。
上場 / 市場 / 業種
上場
市場
業種

33 件

発表日時 発表者 タイトル
05/19 09:10 マックスバリュ北海道 有報 有価証券報告書-第56期(平成28年3月1日-平成29年2月28日)
特別損失として減損損失の計上および法人税率の引き下げによる繰延税金資産取崩し等により、当期純利益は4億3百万円(前期比77.2%)となりました。以上の結果、当事業年度の業績は、営業収益1,232億4百万円(前年同期比112.3%)、営業利益12億87百万円(前年同期比111.7%)、経常利益13億9百万円(前年同期比107.4%)、当期純利益4億3百万円(前年同期比77.2%)となりました。6/85EDINET 提出書類マックスバリュ北海道株式会社(E03250)有価証券報告書(商品グループ別
05/15 16:00 三城ホールディングス 決算 平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
円(前年度は営業利益269百万円)、持分法による投資損失263百万円の計上などもあり、経常損失616百万円(前年度は経常利益174百万円)、繰延税金資産取崩しによる法人税等調整額392百万円の計上もあって、親会社株主に帰属する当期純損失1,721百万円(前年度は親会社株主に帰属する当期純損失601百万円)となりました。報告セグメント情報の状況は、次のとおりであります。1)日本国内の売上高は43,412百万円(前年同期比6.2%減)、セグメント損失301百万円(前年度はセグメント利益596百万円
05/15 15:30 大阪チタニウムテクノロジーズ 決算 (訂正・数値データ訂正)「平成29年3月期 決算短信[日本基準](非連結)」の一部訂正について
性や製品品質が確保できない場合、当社の経営成績に影響を及ぼす可能性があります。7財務制限条項への抵触リスク当社の借入金のうち、財務制限条項付融資契約について、財務制限条項に抵触した場合、期限の利益を喪失し当社の財務状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。8繰延税金資産取崩しによるリスク将来の課税所得の予測・仮定に変動が生じた場合、繰延税金資産取崩しが発生し当社の経営成績に影響を及ぼす可能性があります。-5-株式会社大阪チタニウムテクノロジーズ(5726)平成29年3月期決算短信2.
05/15 15:00 バリューデザイン 決算 平成29年6月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
。詳細につきましては、本日公表いたしました「繰延税金資産取崩し及び業績予想の修正に関するお知らせ」をご覧ください。3株式会社バリューデザイン(3960)平成29年6月期第3四半期決算短信2.四半期連結財務諸表及び主な注記(1)四半期連結貸借対照表前連結会計年度(平成28年6月30日)(単位:千円)当第3四半期連結会計期間(平成29年3月31日)資産の部流動資産現金及び預金268,920580,218受取手形及び売掛金283,130250,984たな卸資産14,4476,010その他51,734
05/15 15:00 バリューデザイン 予想 繰延税金資産の取崩し及び業績予想の修正に関するお知らせ
各位平成29年5月15日会社名株式会社バリューデザイン代表者名代表取締役社長尾上徹(コード番号:3960東証マザーズ)問合せ先取締役管理部長本多誠一(TEL.03-6661-0115)繰延税金資産取崩し及び業績予想の修正に関するお知らせ当社は、最近の業績の動向等を踏まえ、繰延税金資産取崩しを行うとともに、平成28年9月26日に公表した平成29年6月期(平成28年7月1日~平成29年6月30日)の業績予想を下記の通り修正いたしますので、お知らせいたします。1.繰延税金資産取崩しについて今後
05/15 10:00 クレステック IR (訂正)「東京証券取引所JASDAQへの上場に伴う当社決算情報等のお知らせ」の一部訂正について
レートをベースとすれば、1US ドル120.27円、1ユーロ130.41円です。営業外費用につきましては、支払利息等139百万円を見込んでおります。この結果、経常利益につきましては、604百万円(前期比28.8%増)を見込んでいます。(4)特別利益及び特別損失特別利益及び特別損失は、特に見込んでおりません。(5)法人税等調整額、法人税、住民税及び事業税、当期純利益平成27年度法人税法改正により、法人税実効税率の引下げ及び、欠損金繰越控除の縮小が行われた結果、同改正の影響による繰延税金資産取崩し
05/12 16:30 エンチョー 決算 平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
、当連結会計年度の売上高は、長引く消費マインドの低迷や天候不順等の影響もあり、38,568百万円(前年同期比95.6%)となりました。利益につきましては効率化に向けた構造改革によるコスト削減を推進した結果、営業利益は524百万円(同123.3%)、経常利益は331百万円(同158.2%)となりました。また、親会社株主に帰属する当期純利益は、繰延税金資産の回収可能性を検討した結果、繰延税金資産取崩しによる法人税等調整額を計上した影響もあり、99百万円(同109.8%)となりました。事業別の状況は
05/12 16:00 沖電気工業 決算 平成29年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)
について減損処理が必要となった場合には、OKIグループの業績と財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。18繰延税金資産に係るもの OKIグループは、繰延税金資産について繰越欠損金およびその他の一時差異に対して適正な金額を計上していますが、将来の業績変動により課税所得が減少し、繰越欠損金およびその他の一時差異が計画通り解消できなかった場合の繰延税金資産取崩しは、OKIグループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。19退職給付債務に係るもの OKIグループは、退職給付債務について数理計算上で設定さ
05/12 16:00 三城ホールディングス 予想 営業外費用、特別損失の計上及び繰延税金資産の取崩し並びに通期連結業績予想の修正に関するお知らせ
各位平成29年5月12日会社名:株式会社三城ホールディングス代表者名:代表取締役社長多根裕詞(コード:7455東証第1部)問合わせ先:常務執行役員ファイナンス担当中塚哲郎(TEL.03-6432-0732)営業外費用、特別損失の計上及び繰延税金資産取崩し並びに通期連結業績予想の修正に関するお知らせ当社は、平成29年3月期連結決算において、下記のとおり営業外費用、特別損失の計上及び繰延税金資産取崩しを行う見込みであります。またこれに伴い、平成29年1月20日に公表した平成29年3月期の通期
05/12 15:30 そーせいグループ 決算 平成29年3月期 決算短信[IFRS](連結)
無形資産の償却や為替レートの変動によりのれん及び無形資産が減少したこと、英国での事業により当連結会計年度の課税所得の発生により繰延税金資産取崩しがあったことによるものです。(負債)当連結会計年度末の負債は19,241百万円と、前連結会計年度末と比べ4,843百万円の減少となりました。これは主に、HEPTERES 社の旧株主に対する条件付対価の支払や、銀行借入資金の返済があったことによるものです。(資本)当連結会計年度末の資本は28,845百万円と、前連結会計年度末と比べ5,575百万円の増加と
05/12 15:15 アール・エス・シー 決算 平成29年度3月期 決算短信[日本基準](連結)
人材の確保・教育訓練等の費用の増加から、利益面では厳しい状況で推移いたしました。この結果、当連結会計年度におきましては、売上高は55億6,176万円(前年同期比1.9%減)となりました。利益面につきましては、経常損失は813万円(前年同期は6,035万円の経常利益)、親会社株主に帰属する当期純損失につきましては、繰延税金資産取崩し等もあり、2,588万円(前年同期は2,681万円の親会社株主に帰属する当期純利益)となりました。セグメント別の概況は次のとおりであります。【建物総合管理サービス事業】
05/12 15:00 スターティア 決算 平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
為、「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき減損処理の判定を行ったところ、当社連結子会社のスターティアラボ株式会社が保有する固定資産について収益性の低下が認められたことから、減損処理を行うこととし、減損損失284,080千円を特別損失に計上いたしました。また、同社の繰延税金資産の回収可能性につきましても慎重に検討いたしました結果、22,806千円の繰延税金資産取崩しを行いました。しかし、スターティアラボ株式会社は、引き続きデジタルマーケティング関連事業の重要な位置づけとしており、今後も持続的な
05/12 14:30 阿波銀行 決算 平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
。経常利益(同21)は前年度比7億円の減益、当期純利益(同23)は同5億円の減益経常利益は、株式等関係損益が増益となったものの、上記の要因により同7億円の減益。特別損益は、店舗の移転等に伴う減損損失を計上したことなどから、同17億円の減益。当期純利益は、前年度の減益要因(税率変更に伴う繰延税金資産取崩し等)がなくなり、同5億円の減益に留まる。決算概要3《参考》業績予想との比較業務粗利益およびコア業務粗利益は、業績予想(第3四半期決算短信公表時)をそれぞれ1億円上回りました。内訳は以下
05/11 19:30 ダイドーリミテッド 予想 営業外収益の計上、特別利益の計上、特別損失の計上および繰延税金資産の取崩しならびに連結業績予想の修正に関するお知らせ
各位平成29年5月11日会社名株式会社ダイドーリミテッド代表者名取締役社長大川伸(コード番号3205東証・名証第一部)問合せ先取締役上席執行役員管理部門担当福羅喜代志( TEL:03-3257-5022)営業外収益の計上、特別利益の計上、特別損失の計上および繰延税金資産取崩しならびに連結業績予想の修正に関するお知らせ当社は、平成29年3月期第4四半期連結会計期間において、下記のとおり営業外収益・特別利益・特別損失の計上および繰延税金資産取崩しを行う見込みとなりましたのでお知らせいたします。
05/11 16:00 リンコーコーポレーション 決算 平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
事業部門も数多くの土地、建物、構築物を保有しております。これらの固定資産について、経営環境の変化等に伴う収益性の低下によって投資額の回収が見込めなくなる可能性があります。その結果、減損損失を認識した場合には、当社企業グループの財政状態、経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。6繰延税金資産取崩しについて当社企業グループは、将来の課税所得の見積もりや会計と税務の一時差異が解消される時期を基準に繰延税金資産の回収可能性を検討しております。収益性の低下に伴い、将来において十分な課税所得が確保でき
05/10 15:40 丸尾カルシウム 決算 平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。5事故及び災害について当社グループは事故及び災害による製造設備の停止を防止するため、設備点検の実施、安全装置、消火設備の充実などを実施する一方、生産拠点の分散を図るなど製品の安定供給体制整備に努めております。しかしながら予想を上回る大規模な産業事故、大規模災害などによる製造設備の損壊を被るような事態が発生した場合、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。6繰延税金資産取崩しについて当社グループは将来の課税所得
05/10 15:00 メック 決算 平成29年3月期 決算短信[日本基準](連結)
おりますが、実際の課税所得が予想と異なり回収可能性に疑義が生じた場合、もしくは税率の変更等を含む各国の税制の変更があった場合には、繰延税金資産の計算の見直しが必要となります。その結果として、繰延税金資産取崩しが必要となった場合には、当社グループの損益および財政状態に影響を与える可能性があります。12災害時の影響について当社グループは、地震、洪水等の自然災害およびその他の災害により生産活動が妨げられないようにするために、生産拠点を分散して設置しておりますが、災害等による影響を受けた場合、また
05/10 15:00 JCU 決算 平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
ときの、当該差異の要因となった主要な項目別の内訳前連結会計年度(平成28年3月31日)当連結会計年度(平成29年3月31日)法定実効税率33.06%30.86%(調整)交際費等永久に損金に算入されない項目0.860.53評価性引当額0.060.83法人税額控除△2.48△3.22住民税均等割0.210.18海外子会社との税率差異△7.58△6.87外国子会社等配当源泉税5.223.49税率変更による繰延税金資産取崩し0.35-その他0.60△1.32税効果会計適用後の法人税等の負担率30.302
05/10 15:00 田淵電機 決算 平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
売上高は26,178百万円(前期比33.1%減)、営業損失は3,332百万円(前年同期は営業利益4,916百万円)、経常損失は3,414百万円(前年同期は経常利益4,704百万円)、のれん及び固定資産の減損損失の計上、繰延税金資産取崩し等により、親会社株主に帰属する当期純損失は5,553百万円(前年同期は親会社株主に帰属する当期純利益3,181百万円)となりました。セグメントごとの業績は次のとおりであります。(Ⅰ)変成器事業変成器事業は、前年下期のM&Aによる連結子会社の売上が増加したものの、
05/10 11:00 デンカ 決算 平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
繰延税金資産を計上しておりますが、実際の課税所得が見積りと異なり回収可能性の見直しが必要となった場合、もしくは税率の変更を含む税制の改正等があった場合には、繰延税金資産取崩しが必要となり、当社グループの業績と財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。訴訟等につきましては、当社グループ倫理規定をはじめ各種社内規定に基づき、国内外の法令遵守はもちろんのこと、当社グループの社会における信頼を維持・確保することに努めておりますが、広範な事業活動を行う中で訴訟やその他の法律的手続きの対象となり、重要な訴訟

お知らせ

QUICK Disclosureは、PRECISの協力のもとQUICKが提供しています。

TOP