企業開示ライブラリ

コード・名称
タイトル
全文検索
発表日
 - 
1カ月以前の開示情報はアップグレード版でご利用になれます。 詳しくはこちら
文書種別
EDINET
TDnet
取引所
プレスリリース
官公庁
※プレスリリース、官公庁へのリンクは、外部サイト「JPubb(ジェイパブ)」へ移動します。
上場 / 市場 / 業種
上場
市場
業種

148 件

発表日時 発表者 タイトル
02/14 18:35 アプリックス 決算 平成29年12月期決算短信〔日本基準〕(連結)
会計年度と比較して改善しております。しかしながらゲームやアニメーションの事業会社売却、旧来のソフトウェア事業を推進していた海外子会社の清算、非収益部門の廃止や本社移転等、様々な施策を行ってきたこと等により、当連結会計年度まで6期連続となる売上高の著しい減少、営業損失の計上及び営業キャッシュ・フローのマイナスが継続していることから、依然として継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しているものと認識しております。当社グループは、こうした状況を解消するため、以下の施策を実施し、
02/14 17:00 小僧寿し 決算 平成29年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
9269,192-16-(5)連結財務諸表に関する注記事項(継続企業の前提に関する注記)当社グループでは、第43期(平成22年12月期)以降第49期(平成28年12月期)まで継続して売上高の減少及び当期純損失を計上しております。また、当連結累計期間においても親会社株主に帰属する当期純損失429,637千円を計上する結果となっております。これにより、継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。当社グループでは当該事象又は状況を解消するため、以下の施策を進め、当社
02/14 17:00 ナガオカ IR (訂正)「平成29年6月期 第3四半期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について
連結財務諸表に関する注記事項(継続企業の前提に関する注記)当社グループは、前連結会計年度において、売上高が著しく減少し、その結果、重要な営業損失を計上しました。また、営業キャッシュ・フローは継続してマイナスとなりました。こうした状況により、継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在していました。当第3四半期連結累計期間においても、営業損失、経常損失及び親会社株主に帰属する四半期純損失を計上いたしました。背景として、エネルギー関連事業では、原油価格が一定の水準まで回復してきており
02/14 17:00 ナガオカ 決算 (訂正・数値データ訂正)「平成29年6月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について
営業外費用は、主に借入金及び社債に対する支払利息及びコミットメントライン契約に係る手数料を見込んでいます。この結果、経常利益は201,894千円を見込んでいます。(5)継続企業の前提に関する重要事象等当社グループは、前連結会計年度において、売上高が著しく減少し、その結果、重要な営業損失を計上し、営業キャッシュ・フローは継続してマイナスとなりました。こうした状況により、継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在していました。当連結会計年度においても、営業損失、経常損失及び親会社
02/14 17:00 ナガオカ 決算 (訂正・数値データ訂正)「平成30年6月期 第1四半期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について
まで継続して営業損失を計上していたことにより、継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在していました。当社は、これらの事象又は状況に対応すべく、以下のとおり、収益力の改善を推し進め、業績回復に努めています。国内の水関連事業では、東京オリンピックに向けた官公庁によるインフラ整備や民間の設備投資等の需要が見込まれ、従来の官庁営業に加え、インフラ整備工事やリネン業界への営業を行っています。海外の水関連事業では、導入実績や引き合いのある地域に範囲を絞って営業を行っています。これらの
02/14 17:00 ナガオカ IR (訂正)「平成28年6月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について
年度において、売上高が著しく減少しており、その結果、重要な営業損失を計上しました。また、継続して営業キャッシュ・フローのマイナスを計上しています。こうした状況により継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しています。これらの事象又は状況に対応すべく、外部環境の影響を大きく受けているエネルギー関連事業から水関連事業への営業体制のシフトや受注管理体制の強化を実行しました。また、固定費の削減等を織り込んだ信頼性の高い翌期の計画を策定しました。この結果、通期で黒字を見込んでいます。
02/14 17:00 ナガオカ IR (訂正)「平成29年6月期 第1四半期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について
当社グループは、前連結会計年度において、売上高が著しく減少し、その結果、重要な営業損失を計上しました。また、営業キャッシュ・フローは継続してマイナスとなりました。こうした状況により継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在していました。当第1四半期連結累計期間においても、営業損失、経常損失及び親会社株主に帰属する四半期純損失を計上していることから、引き続き、継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しています。これらの事象又は状況に対応すべく、外部環境の
02/14 17:00 ナガオカ IR (訂正)「平成29年6月期 第2四半期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について
こうした状況により継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在していました。当第2四半期連結累計期間においても、営業損失、経常損失及び親会社株主に帰属する四半期純損失を計上いたしました。背景として、エネルギー関連事業では、原油価格が一定の水準まで回復してきているものの、当第2四半期連結累計期間においては、需要の縮小は継続しており、既存の認証サプライヤー間の価格競争は依然として厳しく、また、新たな準サプライヤーが中国において現れたことから、価格競争は一層激化することとなりました。
02/14 17:00 ナガオカ 決算 平成30年6月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
8,668千円増加しています。なお、「エネルギー関連」に与える影響はありません。2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報該当事項はありません。3.その他継続企業の前提に関する重要事象等当社グループは、当第2四半期連結累計期間において、前連結会計年度まで継続して営業損失を計上していたことにより、継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しています。当社は、これらの事象又は状況に対応すべく、収益力の改善を推し進め、業績回復に努めており、当第2四半期連結
02/14 16:43 ナガオカ 有報 四半期報告書-第14期第2四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
期間において、前連結会計年度まで継続して営業損失を計上していたことにより、継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しています。しかしながら、当第2四半期連結累計期間において、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益を計上し、営業キャッシュ・フローはプラスとなりました。また、取引金融機関とは良好な関係を維持しており、当社に対する与信枠の増額や新たな当座貸越契約の締結を行うなど、当面の事業資金の確保はなされており、財務面に支障はないものと考えています。以上のことから
02/14 16:42 田淵電機 有報 四半期報告書-第80期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
ました。当該状況により、継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。このような状況を早期に解消すべく、「3.財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー状況の分析(5)「継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況を改善するための対応策」に記載の対応策を実施することにより、財務体質及び収益力の改善を図ってまいります。2【経営上の重要な契約等】当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。3【財政状態、経営成績及び
02/14 16:36 ナガオカ 有報 訂正四半期報告書-第14期第1四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)
グループは、当第1四半期連結累計期間において、前連結会計年度まで継続して営業損失を計上していたことにより、継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しています。しかしながら、当第1四半期連結累計期間において、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益を計上しており、また、前連結会計年度末において協議中であったコミットメントライン契約については、平成29年10月5日付で平成30年10月4日までの期限延長を行っています。また、今回のコミットメントライン契約の期限延長に参加し
02/14 16:33 ナガオカ 有報 訂正有価証券報告書-第13期(平成28年7月1日-平成29年6月30日)
ダによる当社の議決権行使及び保有株式の処分の状況等により、当社の事業運営及び当社普通株式の需要関係等に影響を及ぼす可能性があります。(18)継続企業の前提に関する重要事象等当社グループは、前連結会計年度において、売上高が著しく減少し、その結果、重要な営業損失を計上し、営業キャッシュ・フローは継続してマイナスとなりました。こうした状況により、継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在していました。当連結会計年度においても、営業損失、経常損失及び親会社株主に帰属する当期純損失を
02/14 16:32 FONFUN 有報 四半期報告書-第22期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
に記載されているとおり、会社は、前々連結会計年度において12百万円、前連結会計年度において36百万円の営業損失を計上し、当第3四半期連結累計期間においても営業損失31百万円を計上している状況にある。当該状況により、継続企業前提重要疑義を生じさせるような状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由については当該注記に記載されている。四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このよう
02/14 16:31 ナガオカ 有報 訂正四半期報告書-第13期第3四半期(平成29年1月1日-平成29年3月31日)
こと。」なお、更新前の原契約に付されていた「平成27年6月期末日及びそれ以降の各事業年度末日における報告書等における単体の損益計算書に記載される経常損益を2期連続して損失としないこと。」は、継続して付されています。(19)継続企業の前提に関する重要事象等当社グループは、前連結会計年度において、売上高が著しく減少し、その結果、重要な営業損失を計上しました。また、営業キャッシュ・フローは継続してマイナスとなりました。こうした状況により、継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在し
02/14 16:30 APPBANK 決算 平成29年12月期決算短信〔日本基準〕(連結)
する当期純利益1,800△137△142△140(注)上記の予想は、当社が現在入手している情報に基づいて作成したものであり、実現を約束する趣旨のものではありません。実際の業績は、様々な要因によって予想数値と異なる場合があります。(5)継続企業の前提に関する重要事象等当社グループは、当連結会計年度におきまして、269,427千円の営業損失を計上しており、前連結会計年度から2期連続して親会社株主に帰属する当期純損失及び営業キャッシュ・フローのマイナスを計上していることから、継続企業前提重要疑義
02/14 16:29 ナガオカ 有報 訂正四半期報告書-第13期第2四半期(平成28年10月1日-平成28年12月31日)
連続して損失としないこと。」は、継続して付されています。(19)継続企業の前提に関する重要事象等当社グループは、前連結会計年度において、売上高が著しく減少し、その結果、重要な営業損失を計上しました。また、営業キャッシュ・フローは継続してマイナスとなりました。こうした状況により継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在していました。当第2四半期連結累計期間においても、営業損失、経常損失及び親会社株主に帰属する四半期純損失を計上いたしました。背景として、エネルギー関連事業では、原油
02/14 16:27 ナガオカ 有報 訂正四半期報告書-第13期第1四半期(平成28年7月1日-平成28年9月30日)
グループは、前連結会計年度において、売上高が著しく減少し、その結果、重要な営業損失を計上しました。また、営業キャッシュ・フローは継続してマイナスとなりました。こうした状況により継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在していました。当第1四半期連結累計期間においても、営業損失、経常損失及び親会社株主に帰属する四半期純損失を計上していることから、引き続き、継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しています。これらの事象又は状況に対応すべく、外部環境の影響を
02/14 16:24 ナガオカ 有報 訂正有価証券報告書-第12期(平成27年7月1日-平成28年6月30日)
結果、重要な営業損失を計上しました。また、継続して営業キャッシュ・フローのマイナスを計上しています。こうした状況により継続企業前提重要疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しています。これらの事象又は状況に対応すべく、外部環境の影響を大きく受けているエネルギー関連事業から水関連事業への営業体制のシフトや受注管理体制の強化を実行しました。また、固定費の削減等を織り込んだ信頼性の高い翌期の計画を策定しました。この結果、翌連結会計年度においては、通期で黒字を見込んでいます。事業資金面については
02/14 16:20 第一屋製パン 決算 平成29年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
の主なリスクについて当グループは日本国内で事業を展開しておりますが、以下のようなリスクがあります。これらの事象が発生した場合、当グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。・取引先の経営破綻・生産設備の火災等の事故・各種の法的規制の改廃・必要物資の品不足の発生・過度な人材獲得難(5)継続企業の前提に関する重要事象等当社は、当事業年度において、549百万円の営業損失を計上しました。このような状況により、継続企業前提重要疑義を生じさせるような状況が存在しております。しかしながら、以下の資金面

お知らせ

QUICK Disclosureは、PRECISの協力のもとQUICKが提供しています。

TOP