企業開示ライブラリ

コード・名称
タイトル
全文検索
発表日
 - 
1カ月以前の開示情報はアップグレード版でご利用になれます。 詳しくはこちら
文書種別
EDINET
TDnet
取引所
プレスリリース
官公庁
※プレスリリース、官公庁へのリンクは、外部サイト「JPubb(ジェイパブ)」へ移動します。
上場 / 市場 / 業種
上場
市場
業種

3444 件

発表日時 発表者 タイトル
02/15 17:00 ホットランド 決算 平成29年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
,565減損損失1,154,831582,480特別損失合計1,469,0661,082,616税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損失(△)△282,93545,699法人税、住民税及び事業税523,072173,206法人税等調整額△48,949△538,396法人税等合計474,122△365,190当期純利益又は当期純損失(△)△757,058410,889非支配株主に帰属する当期純損失(△)△95,950△14,607親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純
02/15 17:00 ホットランド IR 特別損失(減損損失)の計上に関するお知らせ
平成30年2月15日各位会社名株式会社ホットランド住所東京都中央区新富一丁目9番6号代表者名代表取締役社長佐瀬守男(コード番号:3196東証第一部)問合せ先取締役経営管理本部長髙橋謙輔 TEL.03-3553-8118特別損失(減損損失)の計上に関するお知らせ当社は、平成29年12月期第4四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平成29年12月31日)において、特別損失(減損損失)を計上いたしましたので下記のとおりにお知らせいたします。記1.特別損失(減損損失)の計上について平成29年12
02/15 16:30 共同ピーアール 法定 有価証券届出書(組込方式) 届出対象:株式
省略しております。(2)有形固定資産本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。3.主要な顧客ごとの情報外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手がいないため、記載はありません。[報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報]該当事項はありません。[報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報]該当事項はありません。[報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報]該当
02/15 16:00 日本エアーテック 決算 平成29年12月期 決算短信 [日本基準] (非連結)
000747,508特別損失減損損失3,275-特別損失合計3,275-税引前当期純利益510,725747,508法人税、住民税及び事業税169,677265,326法人税等調整額9,960△35,042法人税等合計179,638230,283当期純利益331,086517,224-11-日本エアーテック株式会社(6291)平成29年12月期決算短信(非連結)製造原価明細書前事業年度(自平成28年1月1日至平成28年12月31日)当事業年度(自平成29年1月1日至平成29年12月31日)区分
02/15 16:00 トライアイズ 決算 平成29年12月期決算短信〔日本基準〕(連結)
7△8流動資産合計3,322,8814,474,518固定資産有形固定資産建物及び構築物1,297,7791,251,162減価償却累計額及び減損損失累計額△543,048△586,615建物及び構築物(純額)754,730664,546土地1,178,220620,202その他125,002122,309減価償却累計額及び減損損失累計額△108,932△110,303その他(純額)16,06912,005有形固定資産合計1,949,0211,296,753無形固定資産のれん174,83433,
02/15 16:00 サントリー食品インターナショナル 決算 平成29年12月期 決算短信〔IFRS〕(連結)
,763746,201-12-サントリー食品インターナショナル㈱(2587)平成28年12月期決算短信(5)連結キャッシュ・フロー計算書前連結会計年度(自2016年1月1日至2016年12月31日)当連結会計年度(自2017年1月1日至2017年12月31日)百万円百万円営業活動によるキャッシュ・フロー税引前利益107,804114,442減価償却費及び償却費62,34763,934減損損失及び減損損失戻入(△は益)537184受取利息及び受取配当金△499△871支払利息4,3802,724
02/15 15:30 アエリア 決算 平成29年12月期決算短信[日本基準](連結)
(Ⅵ)経常損益経常利益につきましては、2,760,222千円(前年同期は経常損失1,428,847千円)となりました。(Ⅶ)特別損益及び当期純損益特別利益は、主に関係会社株式売却益60,851千円が計上され、特別損失は、主に減損損失32,314千円、特別退職金2株式会社アエリア(3758)平成29年12月期決算短信12,414千円、債権放棄損50,577千円が計上されました。この結果、当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益は2,080,570千円(前年同期は親会社株主に帰属する当期純損失
02/15 15:30 アエリア IR 通期連結業績予想数値と実績値との差異及び特別損失の計上に関するお知らせ
コンテンツ事業における売上高増加に伴う回収代行手数料及び広告宣伝費の増加等の影響により前回発表予想を下回る結果となりました。当期純利益につきましては、特別損失を計上したことにより前回発表予想を下回りました。3.特別損失の計上について平成29年12月期通期決算において、ソフトウェアの減損損失及び貸付債権について債権放棄損を計上いたしました。なお、当該減損損失の計上額は32百万円、当該債権放棄損の計上額は50百万円であります。なお、平成29年12月期の業績の詳細につきましては、本日公表しております「平成29年12月期決算短信〔日本基準〕(連結)」をご覧ください。以上
02/15 15:00 サッポロホールディングス 決算 平成29年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
デリバティブ評価損25273その他769629営業外費用合計3,3812,714経常利益19,20216,410特別利益固定資産売却益451,977投資有価証券売却益134,836特別利益合計596,813特別損失固定資産除却損1,4131,068固定資産売却損2638減損損失1,0183,735投資有価証券評価損22273支払補償費376307特別損失合計2,8585,422税金等調整前当期純利益16,40317,801法人税、住民税及び事業税6,1858,243法人税等調整額838△61法人税
02/15 15:00 アサヒグループホールディングス 決算 2017年12月期決算短信〔IFRS〕(連結)
フローの概況当年度の営業活動によるキャッシュ・フローは、税引前利益が1,969億8千4百万円となりましたが、売上債権等の運転資金増減による減少や法人所得税等の支払いによる減少があった一方で、減価償却費及び償却費や減損損失等の非キャッシュ項目による増加があり、2,317億1千2百万円(前期比:772億6千万円の収入増)の収入となりました。投資活動によるキャッシュ・フローは、中東欧における子会社株式の取得などにより、8,858億2千3百万円(前期比:6,173億1千5百万円の支出増)の支出となりました
02/15 15:00 日本精蝋 決算 平成29年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
固定資産の減損損失に関する情報】前連結会計年度(自平成28年1月1日至平成28年12月31日)該当事項はありません。当連結会計年度(自平成29年1月1日至平成29年12月31日)該当事項はありません。【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】前連結会計年度(自平成28年1月1日至平成28年12月31日)該当事項はありません。当連結会計年度(自平成29年1月1日至平成29年12月31日)該当事項はありません。【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】前連結会計年度(自
02/15 15:00 富士ソフト 決算 2017年12月期決算短信〔日本基準〕(連結)
減損損失6億40百万円等により増加し、売上債権の増加36億82百万円、法人税の支払35億54百万円により減少したこと等によるものです。(投資活動によるキャッシュ・フロー)当連結会計年度における投資活動による資金の減少は38億62百万円となりました。これは、主に有形・無形固定資産の取得による支出53億82百万円等により減少し、投資有価証券の売却による収入12億円により増加したこと等によるものです。(財務活動によるキャッシュ・フロー)当連結会計年度における財務活動による資金の減少は44億62百万円と
02/15 15:00 トレンドマイクロ 決算 平成29年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
資産の減損損失に関する情報】該当事項はありません。【報告セグメントごとののれんの償却費及び未償却残高に関する情報】前連結会計年度(自平成28年1月1日至平成28年12月31日)報告セグメント日本北米欧州中南米計(単位:百万円)調整額合計当期償却額873,192238196303,745-3,745当期末残高15515,8751,22694615318,356-18,356当連結会計年度(自平成29年1月1日至平成29年12月31日)報告セグメント日本北米欧州アジア・パシフィックアジア・パシフィック
02/15 15:00 信和 法定 有価証券届出書(新規公開時) 届出対象:株式
のれんの対象となる事業の収益力が低下し、減損損失を計上するに至った場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。2017年3月期末においては、減損テストの結果、将来キャッシュ・フローによる使用価値(回収可能価額)は帳簿残高を上回っているものと判断しております。仮に、将来の各期の見積キャッシュ・フローが30.1%減少した場合、または税引前割引率が4.68%上昇した場合、回収可能価額と帳簿価額が等しくなります。41/158EDINET 提出書類信和株式会社(E33834)有価証券届出書
02/15 14:00 川辺 IR (開示事項の経過)固定資産の譲渡完了に関するお知らせ
はないことを確認しております。4.譲渡の日程新宿 MKビル(1)取締役会決議日平成30年2月14日(2)契約締結日平成30年2月15日(3)物件引渡期日平成30年2月15日(代金受領済)5.今後の見通し当該固定資産の譲渡に伴い、平成30年3月期決算(連結及び単体)において、固定資産売却益約60百万円を特別利益に計上する見込みでありますが、特別損失として直営店舗の減損損失等も見込まれますので、平成30年3月期の業績予想につきまして業績修正値は、不確定要素があり現在精査中であります。なお、修正が必要な場合は、速やかにお知らせいたします。以上
02/15 13:33 ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ(NOMURAEUROPEFINANCEN.V.) 法定 訂正有価証券届出書(組込方式)
れる可能性がある野村グループは、事業の拡大等のため、企業の株式などを取得し、または企業グループの一部の事業を承継しており、野村グループが適切と判断した場合にはこれらを継続して行う見込みである。このような取得や承継は、米国会計原則に基づき、野村グループの連結財務諸表において、企業結合として認識され、取得価額は資産と負債に配分され、差額はのれんとしている。また、その他にも有形・無形資産を所有している。これらの企業結合などにより認識されたのれんおよび有形・無形資産に対して減損損失やその後の取引に伴う損益
02/15 13:33 ウチヤマホールディングス 臨報 臨時報告書 提出理由:連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著しい影響を与える事象
規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。なお、本臨時報告書は、当該事象が判明した時点で遅滞なく提出すべきでしたが、本日まで未提出となっておりましたので今般提出するものであります。2【報告内容】1.当該事象の発生年月日平成29年5月12日2.当該事象の内容当社の連結子会社である株式会社ボナーにおいて、「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき、カラオケ事業、飲食事業及び不動産事業における固定資産の将来の回収可能性を検討した結果、帳簿価額を回収可能価額まで減損処理することとなりました。3.当該事象の連結損益に与える影響額平成29年3月期の連結財務諸表において、減損損失896百万円を特別損失として計上いたしました。以上2/2
02/15 10:00 昭和電工 IR 2017年12月期 決算説明資料
10株を1株とする株式併合を行いました。1株当たり指数については、前期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、株式併合後の株式数を基に算出しております。(注2)2017年6月に開催した株主総会において2017年5月11日現在の株主に対し30円の配当を実施しました。昭和電工㈱2017年12月期決算説明資料3特別損益の内訳2016年2017年増減特別利益174629(億円)固定資産売却益負ののれん発生益その他87193161244特別損失△228△2209固定資産除売却損減損損失貸倒
02/15 10:00 電通 IR 2017年度 決算説明会
に関する一時金▲3,103-▲3,103固定資産除売却損益+13,168+6,074+7,093関係会社株式売却損益+602+11+591減損損失▲1,093▲522▲570特別退職金▲366▲5,183+4,816その他▲142▲732+591営業利益137,392137,681▲289(0.2)8営業利益以下の損益項目(百万円)2017年112月2016年112月前年同期差前年同期比(%)営業利益137,392137,681▲289(0.2)持分法による投資利益4,2223,362+860
02/15 09:00 レッド・プラネット・ジャパン 決算 平成29年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
3129,699経常利益又は経常損失(△)△916,82499,279特別利益固定資産売却益8,08812有価証券売却益-69,999関係会社株式売却益1,654,503156,452新株予約権戻入益2,838-受取損害賠償金27,463-特別利益合計1,692,893226,464特別損失固定資産売却損72,7935,154固定資産除却損34651減損損失44,237-貸倒引当金繰入額2,154,916-和解金-3,633特別損失合計2,271,9819,439税金等調整前当期純利益又は税金等

お知らせ

QUICK Disclosureは、PRECISの協力のもとQUICKが提供しています。

TOP