企業開示ライブラリ

コード・名称
タイトル
全文検索
発表日
 - 
1カ月以前の開示情報はアップグレード版でご利用になれます。 詳しくはこちら
文書種別
EDINET
TDnet
取引所
プレスリリース
官公庁
※プレスリリース、官公庁へのリンクは、外部サイト「JPubb(ジェイパブ)」へ移動します。
上場 / 市場 / 業種
上場
市場
業種

3434 件

発表日時 発表者 タイトル
02/14 21:30 ピクセルカンパニーズ 決算 平成29年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
ものと判断し、超過収益力を合理的に見直したことによるのれんの減損損失285百万円を計上したこと等により、特別損失1,255百万円を計上いたしました。これらの結果、当連結会計年度の業績は、売上高11,325百万円(前年度比35.9%減)、営業損失1,244百万円(前年同期は営業損失174百万円)、経常損失1,432百万円(前年同期は経常損失181百万円)、親会社株主に帰属する当期純損失2,670百万円(前年同期は親会社株主に帰属する当期純損失215百万円)となりました。セグメントの業績は、次のとおり
02/14 21:30 ピクセルカンパニーズ IR 営業損失、特別損失の計上及び平成29年12月期通期連結業績と前期実績との差異に関するお知らせ
金繰入額当社は、アフロに対する貸付金418百万円について、長期的には回収を図るものの、当該債権の回収可能性について、合理的かつ保守的に検討した結果、貸倒引当金繰入額242百万円を計上いたしました。また、当社連結子会社である海伯力国際貿易(上海)有限公司に対する貸付金33百万円についても同様に検討した結果、貸倒引当金繰入額27百万円を計上いたしました。なお、個別決算上で計上される当該損失は、連結決算において相殺消去されるため、連結業績に与える影響はありません。2連結決算Ⅰ減損損失当社は、上記「1
02/14 21:25 ユニバーサルエンターテインメント 決算 平成29年12月期 決算短信[日本基準](連結)
4,340316,8482,831344,0203.主要な顧客ごとの情報外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載を省略しております。-25-2018/02/1417:56:42/17359239_株式会社ユニバーサルエンターテインメント_決算短信【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】前連結会計年度(自平成28年4月1日至平成29年3月31日)該当事項はありません。当連結会計年度(自平成29年4月1日至平成29年12月31日)該当
02/14 21:20 フィスコ 決算 平成29年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
0,455970,582前払費用151,45568,758繰延税金資産73,77727,489その他68,143272,817貸倒引当金△206,153△53,181流動資産合計6,155,09110,843,566固定資産有形固定資産建物及び構築物1,485,7221,527,521減価償却累計額△806,593△1,176,699建物及び構築物(純額)679,128350,821工具、器具及び備品1,195,7241,191,891減価償却累計額△979,220△997,270減損損失累計額
02/14 19:45 昭和ホールディングス 決算 平成30年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
5,64816,238特別損失減損損失-109,705関係会社株式評価損-105,629貸倒引当金繰入額-6,949,794和解金1,038-特別損失合計1,0387,165,129税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期純損失(△)2,616,697△11,240,070法人税、住民税及び事業税455,115509,752法人税等調整額65,751△71,786法人税等合計520,866437,966四半期純利益又は四半期純損失(△)2,095,831△11,678,037非支配株主に
02/14 18:35 アプリックス 決算 平成29年12月期決算短信〔日本基準〕(連結)
情報(1)売上高本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。(2)有形固定資産該当事項はありません。-16-株式会社アプリックス(3727)平成29年12月期決算短信3.主要な顧客ごとの情報顧客の名称又は氏名売上高関連するセグメント名日本出版販売株式会社146,501千円出版事業ネスレ日本株式会社96,039千円テクノロジー事業株式会社トーハン80,189千円出版事業【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】前連結会計年度(自平成28年
02/14 18:00 西本WISMETTACホールディングス 決算 平成29年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
活動によるキャッシュ・フロー)営業活動によるキャッシュ・フローは、13億99百万円の資金の獲得となりました。主な要因は、法人税等の支払額24億89百万円、たな卸資産の増加22億63百万円があったものの、税金等調整前当期純利益54億2百万円、仕入債務の増加11億96百万円によるものです。また、前連結会計年度と比較して資金の獲得が24億11百万円減少(前期比63.3%収入減)しておりますが、主に、仕入債務の増減額が11億10百万円の収入増となったものの、非資金性費用である減損損失の減少9億59百万円
02/14 17:15 システムソフト 有報 四半期報告書-第37期第1四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
注)「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、投資事業を含んでおります。2報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)(単位:千円)利益金額報告セグメント計△20,089「その他」の区分の利益1,484全社費用(注)△14,161四半期連結損益計算書の営業損失△32,766(注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。3報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等
02/14 17:15 レカム 決算 平成30年9月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
費用支払利息1,108666為替差損5,3755,908その他690642営業外費用合計7,1747,217経常利益又は経常損失(△)14,444△18,644特別損失減損損失-2,868訴訟関連損失809-特別損失合計8092,868税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期純損失(△)13,634△21,512法人税、住民税及び事業税3,9366,928法人税等調整額373,179法人税等合計3,97410,108四半期純利益又は四半期純損失(△)9,660△31,620非支配株主に帰属
02/14 17:06 ソケッツ 有報 四半期報告書-第18期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
特別損失減損損失1,765-特別損失合計1,765-税引前四半期純利益33,06931,997法人税、住民税及び事業税1,7711,717法人税等合計1,7711,717四半期純利益31,29730,2809/13EDINET 提出書類株式会社ソケッツ(E22461)四半期報告書【注記事項】(四半期キャッシュ・フロー計算書関係)当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書を作成しておりません。なお、第3四半期累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る減価償却費含む。)は次のとおりで
02/14 17:05 アウトソーシング 決算 2017年12月期決算短信〔IFRS〕(連結)
キャッシュ・フロー計算書(単位:百万円)前連結会計年度(自2016年1月1日至2016年12月31日)当連結会計年度(自2017年1月1日至2017年12月31日)営業活動によるキャッシュ・フロー税引前利益4,93910,395減価償却費及び償却費1,6242,481減損損失56437引当金及び退職給付に係る負債の増減額(△は減少)130△53金融収益△116△362金融費用7401,327棚卸資産の増減額(△は増加)19△97営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)△3,759△4,094営業債務
02/14 17:00 昭和ホールディングス 有報 四半期報告書-第117期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
損失12,2665,274,059貸倒引当金繰入額-112,030その他8,31227,011営業外費用合計169,8836,050,479経常利益又は経常損失(△)2,612,087△4,091,180特別利益新株予約権戻入益4,587-固定資産売却益1,060-不用品売却益-16,238特別利益合計5,64816,238特別損失減損損失-109,705関係会社株式評価損-105,629貸倒引当金繰入額-6,949,794和解金1,038-特別損失合計1,0387,165,129税金等調整前
02/14 17:00 サトーホールディングス 有報 四半期報告書-第68期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
1経常利益4,3134,381特別利益固定資産売却益142,759特別利益合計142,759特別損失固定資産除却損6115固定資産売却損3164減損損失-499債務保証損失引当金繰入額-350特別損失合計91,129税金等調整前四半期純利益4,3176,011法人税、住民税及び事業税1,7213,022法人税等調整額△175△431法人税等合計1,5452,591四半期純利益2,7723,420非支配株主に帰属する四半期純利益47△145親会社株主に帰属する四半期純利益2,7253,56511/
02/14 17:00 小僧寿し 決算 平成29年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
店舗売上の減少傾向を改善するまでには至っておらず、前期に子会社化した西日本事業および介護・福祉事業の収益性を改善するまでには至っていないため、当連結会計年度の売上高は54億20百万円(前年同期比0.8%減少)、営業損失は3億25百万円(前年同期は83百万円の営業損失)、経常損失は3億30百万円(前年同期は73百万円の経常損失)となりました。また、特別損益として、不採算店舗の閉店に伴う店舗撤退費用および減損損失等により、親会社株主に帰属する当期純損失は4億29百万円(前年同期は1億50百万円の親
02/14 17:00 小僧寿し IR 特別損失の発生並びに通期業績予想と実績値との差異に関するお知らせ
に差異が生じましたのでお知らせします。記1.特別損失の計上について1)減損損失の計上:17百万円当社が運営する「茶月森下店」が立地する販売環境の悪化により、営業損失が継続したため、今後長期間にわたり回復が見込めないと判断致しました。当該店舗及び同様に営業損失が継続し、今後長期間にわたり回復が見込めないと判断される店舗の固定資産の回収可能価額について、資産価値をゼロとして、帳簿価額総額17,882千円を減損損失として特別損失に計上致しました。2)閉店店舗にかかる閉鎖損失引当金の計上:16百万円当社
02/14 17:00 ピーエイ 予想 特別損失の計上及び通期業績予想の修正に関するお知らせ
ソフトウェアを「固定資産除却損」2,480千円を特別損失に計上致します。(2)当社、保有の電話加入権等について、「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき、将来使用見込みのない電話加入権を「減損損失」1,284千円として特別損失に計上致します。2.通期業績予想の修正について平成29年12月期通期連結業績予想値の修正(平成29年1月1日~平成29年12月31日)親会社株主に売上高営業利益経常利益帰属する当期純利益前回発表予想(A)百万円百万円百万円百万円2,5005080351株当たり当期純利益円銭3.2
02/14 17:00 ブロードリーフ 決算 2017年12月期 決算短信〔IFRS〕(連結)
016年1月1日至2016年12月31日)当連結会計年度(自2017年1月1日至2017年12月31日)営業活動によるキャッシュ・フロー税引前利益2,921,3262,989,455減価償却費及び償却費677,156678,591減損損失54,5509,900株式報酬費用-158,797受取損害賠償金△250,925-金融収益及び費用25,1232,523持分法による投資損益(△は益)6,38118,923営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)△183,232△362,055棚卸資産の増減
02/14 17:00 ブイキューブ IR 2017年12月期 決算説明資料
合計2,525百万円の特別損失を計上 FY18からのV 字回復の為の固定費(人件費・償却費等)の削減を実現(FY2017連結ベース)2Q 3Q 4Q 合計子会社株式売却損(BRAV INTERNATIONAL)減損損失(ソフトウェア資産)減損損失(パイオニアVCのれん)減損損失(中国における前払費用)構造改革費用(リストラ費用他)429 V-CUBE MEETING41,1161,116438 V-CUBE GATE (百万円)86738438469698989合計4294531,6432,52
02/14 17:00 ナガオカ IR (訂正)「平成29年6月期 第3四半期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について
役員及び管理部門に係る人件費、経費等の一般管理費です。2.セグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っています。2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報該当事項はありません。Ⅱ当第3四半期連結累計期間(自平成28年7月1日至平成29年3月31日)1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報報告セグメントエネルギー関連水関連計売上高調整額(注)1(単位:千円)四半期連結損益計算書計上額(注)2外部顧客への売上高1,255,174972,
02/14 17:00 ナガオカ 決算 (訂正・数値データ訂正)「平成29年6月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について
における流動資産は4,910,293千円となり、前連結会計年度末に比べ533,871千円の増加となりました。これは主に、現金及び預金が1,401,182千円増加する一方で、受取手形及び売掛金が451,214千円、仕掛品が357,041千円、原材料及び貯蔵品が162,374千円減少したことによるものです。また、固定資産は1,995,780千円となり、前連結会計年度末に比べ195,247千円の減少となりました。これは主に貝塚工場の売却及び移転に伴う減損損失を計上したこと等により有形固定資産が171,89

お知らせ

QUICK Disclosureは、PRECISの協力のもとQUICKが提供しています。

TOP