企業開示ライブラリ

コード・名称
タイトル
全文検索
発表日
 - 
1カ月以前の開示情報はアップグレード版でご利用になれます。 詳しくはこちら
文書種別
EDINET
TDnet
取引所
プレスリリース
官公庁
※プレスリリース、官公庁へのリンクは、外部サイト「JPubb(ジェイパブ)」へ移動します。
上場 / 市場 / 業種
上場
市場
業種

871 件

発表日時 発表者 タイトル
01/13 神戸物産 株主 2018年定時株主総会招集通知
デリバティブ評価益615賃貸収入69補助金収入120燃料販売収入57その他4592,135営業外費用支払利息592賃貸収入原価49支払手数料1燃料販売原価50貸倒引当金繰入額162その他106962経常利益15,778特別利益固定資産売却益550新株予約権戻入益9権利譲渡益173投資有価証券売却益9742特別損失固定資産除却損66固定資産売却損42店舗閉鎖損失88減損損失2,428店舗閉鎖損失引当金繰入額41火災損失7663,434税金等調整前当期純利益13,086法人税、住民税及び事業税5,50
01/13 神戸物産 株主 2018年定時株主総会招集通知に際してのインターネット開示事項
担保に供されている資産建物及び構築物土地投資その他の資産「その他」(定期預金)計1,063百万円3,940百万円3百万円5,007百万円上記資産は短期借入金103百万円、長期借入金162百万円、1年内償還予定の社債858百万円、社債2,955百万円、買掛金3百万円及びその他(流動負債)1百万円の担保に供しております。-6-(連結損益計算書に関する注記)<減損損失>当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。(単位:百万円)場所用途種類金額北海道地域
01/13 くらコーポレーション 株主 第22期定時株主総会招集ご通知
56,163,668売上総利益66,602,795販売費及び一般管理費60,260,838営業利益6,341,956営業外収益受取利息60,938為替差益466,496受取手数料371,577物販収入128,381その他51,9111,079,305営業外費用支払利息53,610物販原価66,593その他15,640135,843経常利益7,285,418特別損失固定資産除却損75,024減損損失329,990405,014税金等調整前当期純利益6,880,403法人税、住民税及び事業税2,10
01/13 ケア21 株主 2018年定時株主総会招集通知
受取配当金6,602補助金収入20,660持分法による投資利益1,672その他11,12255,437営業外費用支払利息272,647その他2,213274,860経常利益660,497特別利益投資有価証券売却益512,183固定資産売却益4,148516,331特別損失固定資産除却損5,200減損損失79,88285,083税金等調整前当期純利益1,091,746法人税、住民税及び事業税254,535法人税等調整額106,259360,795当期純利益730,951非支配株主に帰属する当期純損失
01/13 ベルグアース 株主 第17期定時株主総会招集ご通知
一般管理費(株主資本等変動計算書に関する注記)当事業年度末における自己株式の種類及び総数普通株式22,776千円312,004千円144株-32-(税効果会計に関する注記)繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳繰延税金資産(流動)賞与引当金14,578千円未払事業税2,415千円未払費用2,116千円その他6,531千円小計25,642千円評価性引当額2,800千円繰延税金資産(流動)合計22,841千円繰延税金資産(固定)減損損失303千円減価償却費3,029千円資産除去債務8,
01/12 17:05 ヤマダ・エスバイエルホーム 有報 四半期報告書-第67期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
部門であり、保険部門及び売電部門を含んでおります。2.セグメント利益又は損失の調整額△695百万円は、報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報該当事項はありません。Ⅱ当第3四半期連結累計期間(自平成29年3月1日至平成29年11月30日)1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額
01/12 17:00 ヤマダ・エスバイエルホーム 決算 平成30年2月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報該当事項はありません。Ⅱ当第3四半期連結累計期間(自平成29年3月1日至平成29年11月30日)1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報売上高住宅事業報告セグメントリフォーム事業不動産賃貸事業計その他(注)1合計(単位:百万円)調整額(注)2四半期連結損益計算書計上額(注)3外部顧客への売上高23,7698,94040633
01/12 17:00 インターアクション 決算 平成30年5月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
922,659130,775530,3342.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)(単位:千円)利益金額報告セグメント計530,334全社費用(注)△260,200たな卸資産の調整額△6,932四半期連結損益計算書の営業利益263,201(注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない当社の本社管理部門に係る費用であります。3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報該当事項はありません
01/12 17:00 ファーマライズホールディングス 決算 平成30年5月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
8百万円の減少)となりました。当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。1営業活動によるキャッシュ・フロー営業活動の結果減少した資金は、485百万円(前年同期は477百万円の収入)となりました。この主な要因は、税金等調整前四半期純利益を466百万円、減価償却費を312百万円、減損損失を61百万円、のれん償却額を352百万円計上した一方で、売上債権が1,488百万円増加し、法人税等の支払額が230百万円となったことによるものであります。2投資
01/12 17:00 ファーストブラザーズ 決算 平成29年11月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
デリバティブ評価損11,21314,756その他2,7382,218営業外費用合計347,139328,448経常利益3,662,3613,060,610特別利益関係会社清算益5,499-投資有価証券売却益1,557-関係会社株式売却益-62,481特別利益合計7,05762,481特別損失固定資産除却損19-投資有価証券評価損50,230-関係会社出資金評価損-2,993関係会社清算損-856減損損失-11,015特別損失合計50,24914,865税金等調整前当期純利益3,619,1693,
01/12 16:36 東京衡機 有報 四半期報告書-第112期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
セグメントであり、不動産賃貸事業等であります。2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△243,034千円は基礎的試験研究費などに要した費用および当社の総務・経理部門等の管理部門に係る費用であります。3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。2報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報該当事項はありません。13/18当第3四半期連結累計期間(自平成29年3月1日至平成29年11月30日)1報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失
01/12 16:34 ジェイグループホールディングス 有報 四半期報告書-第17期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
4090,452設備賃貸料9,16414,579その他8,2706,763営業外収益合計86,896112,158営業外費用支払利息53,15156,641為替差損35,1428,306賃貸費用18,80716,604その他5,5964,848営業外費用合計112,69786,400経常損失(△)△168,018△148,333特別利益固定資産売却益4,187-債務免除益5,670-特別利益合計9,857-特別損失減損損失20,03310,377店舗閉鎖損失51,05777,173貸倒損失18,
01/12 16:32 アークス 有報 四半期報告書-第57期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
費及び一般管理費合計82,70184,000営業利益10,2199,765営業外収益受取利息5550受取配当金4544業務受託料398409その他926760営業外収益合計1,4261,265営業外費用支払利息145127その他6945営業外費用合計214173経常利益11,43110,857特別利益固定資産売却益0109資産除去債務戻入益154その他1317特別利益合計28130特別損失固定資産除売却損4995店舗閉鎖損失173減損損失189208事業譲渡損37-貸倒引当金繰入額3923その他
01/12 16:30 旭化学工業 決算 平成30年8月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報該当事項はありません。Ⅱ当第1四半期連結累計期間(自平成29年9月1日至平成29年11月30日)1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報日本中国タイ計売上高調整額(注1)(単位:千円)四半期連結損益計算書計上額(注2)外部顧客への売上高841,8661,169,11469,8912,080,873-2,080,873セグメント間の内部売上高又-23,037-23,037△23,037-は振替高計841,8661
01/12 16:30 東京衡機 決算 平成30年2月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
。3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。2報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報該当事項はありません。-9-株式会社東京衡機(7719)平成30年2月期第3四半期決算短信当第3四半期連結累計期間(自平成29年3月1日至平成29年11月30日)1報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報(単位:千円)試験機事業報告セグメントエンジニアリング事業海外事業計その他(注)1合計調整額(注)2四半期連結損益計算書
01/12 16:30 小津産業 有報 四半期報告書-第107期第2四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
減損損失又はのれん等に関する情報該当事項はありません。Ⅱ当第2四半期連結累計期間(自平成29年6月1日至平成29年11月30日)1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報(単位:千円)不織布報告セグメント家庭紙・日用雑貨計その他(注)1合計調整額(注)2四半期連結損益計算書計上額(注)3売上高外部顧客への売上高セグメント間の内部売上高又は振替高7,760,24912,805,57120,565,82154,35420,620,176-20,620,17617,1593,56
01/12 16:14 大庄 有報 四半期報告書-第47期第1四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
費及び一般管理費9,8119,069営業損失(△)△477△391営業外収益受取利息00受取配当金22受取保険金58貸倒引当金戻入額-15その他178営業外収益合計2635営業外費用支払利息89貸倒引当金繰入額01その他810営業外費用合計1721経常損失(△)△469△377特別利益固定資産売却益-0特別利益合計-0特別損失固定資産除却損48110店舗関係整理損2014減損損失150店舗閉鎖損失引当金繰入額110特別損失合計85135税金等調整前四半期純損失(△)△554△513法人税、住民税
01/12 16:13 インターライフホールディングス 有報 四半期報告書-第8期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
937,311その他6,60610,020営業外費用合計57,54547,331経常利益32,823132,129特別利益固定資産売却益1,35049厚生年金基金解散損失引当金戻入額69,983-残余財産分配益-2,292特別利益合計71,3342,342特別損失固定資産除却損2,665503減損損失-4,745店舗閉鎖損失-3,009出資金評価損2,041-特別損失合計4,7068,258税金等調整前四半期純利益99,451126,214法人税、住民税及び事業税60,942111,842法人税
01/12 16:10 レイ 有報 四半期報告書-第37期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
151その他3,9237,471営業外費用合計33,29234,971経常利益168,534445,021特別利益固定資産売却益221,202投資有価証券売却益600-特別利益合計6221,202特別損失固定資産除却損1,122279減損損失-5,066投資有価証券評価損-3,323特別損失合計1,1228,669税金等調整前四半期純利益168,033437,554法人税、住民税及び事業税21,11687,015法人税等還付税額-△3,415法人税等調整額74,44734,225法人税等合計95
01/12 16:08 キャリアリンク 有報 四半期報告書-第22期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
セグメントから、「事務系人材サービス事業」と「製造系人材サービス事業」の二つの報告セグメントに変更しております。4.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報該当事項はありません。(1株当たり情報)1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。当第3四半期連結累計期間項目(自平成29年3月1日至平成29年11月30日)(1)1株当たり四半期純利益金額26円93銭(算定上の基礎)親会社株主に帰属する

お知らせ

QUICK Disclosureは、PRECISの協力のもとQUICKが提供しています。

TOP