企業開示ライブラリ

コード・名称
タイトル
全文検索
発表日
 - 
1カ月以前の開示情報はアップグレード版でご利用になれます。 詳しくはこちら
文書種別
EDINET
TDnet
取引所
プレスリリース
官公庁
※プレスリリース、官公庁へのリンクは、外部サイト「JPubb(ジェイパブ)」へ移動します。
上場 / 市場 / 業種
上場
市場
業種

123 件

発表日時 発表者 タイトル
01/12 16:03 メディア工房 有報 四半期報告書-第21期第1四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
においては前年同期比売上増となりましたが、主軸事業である既存占いコンテンツが伸び悩み、占いコンテンツ事業全体としては前年同期比減益となりました。ゲームコンテンツ事業に関しては財務会計上減収となっておりますが、これは子会社において売上の計上方法を変更したことによるものであり、実質的な売上高としては前年と同水準であり、且つ前会計年度に行った一部ゲームコンテンツ事業の整理が奏功し、営業利益は増加しております。また、当第1四半期連結累計期間においては、集客およびマーケティング力の強化を目的として、当社の
01/12 16:00 ゼットン 有報 四半期報告書-第23期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
グループ(当社及び連結子会社)が判断したものであります。(1)業績の状況売上高につきましては、既存店舗は、前期対比101.7%とダイニング事業、アロハテーブル事業を中心に好調に推移いたしました。一方で、前期に不採算店舗の閉鎖、並びに当期において6店舗の退店を行ったことにより全体では大きく減収となっております。営業利益につきましては、退店による減益があったものの、既存店舗において、販売促進力の最適化、各種オペレーションの見直しの他、購買部による原価低減活動等により利益率が改善され、収益力が上昇したこと
01/12 15:30 ゼットン 決算 平成30年2月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
…………………………8-1-1.当四半期決算に関する定性的情報(1)経営成績に関する説明売上高につきましては、既存店舗は、前期対比101.7%とダイニング事業、アロハテーブル事業を中心に好調に推移いたしました。一方で、前期に不採算店舗の閉鎖、並びに当期において6店舗の退店を行ったことにより全体では大きく減収となっております。営業利益につきましては、退店による減益があったものの、既存店舗において、販売促進力の最適化、各種オペレーションの見直しの他、購買部による原価低減活動等により利益率が改善され、
01/12 15:17 久光製薬 有報 四半期報告書-第116期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
セグメントとしており、当第3四半期連結累計期間の連結業績は以下の通りです。売上高は減収、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益はともに減益となりました。1売上高売上高は1,095億5千3百万円(前年同四半期比0.2%減)となりました。国内市場において、医療用医薬品事業は、経皮鎮痛消炎剤「モーラス R パップXR」等の売上は好調に推移しましたが、前年の薬価改定に伴う買い控えの反動や、後発品使用促進策による影響を引き続き受けたため、前年同四半期比2.6%の減収となりました。一般用医薬品
01/12 15:12 アオキスーパー 有報 四半期報告書-第44期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
生鮮食品の相場変動の影響、台風などの天候不順の影響、また、急激な労働需給の引き締まりなど、厳しい経営環境が続きました。以上の結果、当第3四半期累計期間は、営業収益786億78百万円(前年同期比0.3%減)、営業利益12億87百万円(前年同期比28.0%減)、経常利益13億44百万円(前年同期比27.2%減)、四半期純利益7億98百万円(前年同期比24.7%減)と減収減益となりました。なお、当社は、食料品を中心に生活関連用品等の販売を主体とする事業の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を
01/12 15:10 住江織物 有報 四半期報告書-第129期第2四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
74)四半期報告書(機能資材事業)ホットカーペットは、販売数量を伸ばしたものの商品構成が変わり、減収減益となりました。消臭・フィルター関連は、空気清浄機および暖房機向け消臭フィルター、パッケージをリニューアルした家庭用脱臭・消臭剤 TISPA シリーズ「香りでごまかさない本当の消臭」が好調に推移し、増収増益となりました。浴室向け床材は、堅調に推移し、売上、営業利益ともに前年同期並みとなりました。土木用資材、航空機向けカーペットは、好調に推移し増収増益となりました。以上の結果、2016年12月末に
01/12 15:10 オンワードホールディングス 有報 四半期報告書-第71期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
増益となりました。一方、グループ会社では、オンワード商事株式会社、株式会社アイランド、株式会社クリエイティブヨーコなどの主要子会社で増収増益となり、国内事業全体として減収ながら増益となりました。海外事業は、ユーロ、ポンド等主要通貨に対する円安基調により増収となりましたが、欧州における生産部門での契約形態の変更や、一部ライセンスビジネスでの苦戦などにより減益となりました。引き続き生産機能の安定化や収益性の回復・向上に向けた施策に取り組んでいます。これにより、アパレル事業全体として増収増益となりまし
01/12 15:05 ウッドフレンズ 有報 四半期報告書-第36期第2四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
となったが、適正な利益確保ができなかった。 D その他の事業上記以外の外部顧客への販売・サービスの提供売上高セグメント利益前年同期比の主因当第2四半期実績83百万円8百万円宅地開発を行わなかったために減収減益となったが、業績は概ね計画どおり進前年同期比52.4%減61.9%減捗。5/20EDINET 提出書類株式会社ウッドフレンズ(E03988)四半期報告書(2)キャッシュ・フローの状況当第2四半期連結累計期間の営業活動によるキャッシュ・フローは、たな卸資産が3,288百万円増加(前年同期は10
01/12 15:00 サカタのタネ 決算 平成30年5月期 第2四半期決算短信 [日本基準](連結)
4%)増の185億34百万円となりました。セグメント別営業利益は、原価率の上昇及び、円安による円ベースでの経費増加や海外子会社の人員増に伴う人件費の増加などを受けて、前年同期比6億29百万円(同9.7%)減の58億96百万円となり、増収減益となりました。3小売事業ホームガーデン分野は、当期も引き続き不採算商品の整理を行っていることと、長雨や台風などの天候不順を要因に、苗木や園芸用資材などを中心に販売が鈍化したことから、売上高は前年同期比大幅な減収となりました。一方、利益面においては、オリジナル
01/12 15:00 日本毛織 IR 平成29年11月期 決算説明資料
業績概要>売糸事業で秋冬物衣料の販売不振長期化による需要減少や、一般企業用制服素材で大口物件の更改需要が低調だった影響等で、減収となりました。加えて、羊毛原料価格の高騰や、海外工場の稼働率低下、戦略投資やシステム投資等よる経費増により、減益となりました。7産業機材事業の概況(単位:百万円)売上高売上高営業利益20,545百万円前期比9.4%増↑1,657百万円前期比61.9%増↑営業利益<業績概要>車載電装品製造ラインのファクトリーオートメーション(FA)装置が引き続き順調に推移し増収となりまし
01/12 15:00 住江織物 決算 平成30年5月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
伸ばしたものの商品構成が変わり、減収減益となりました。消臭・フィルター関連は、空気清浄機および暖房機向け消臭フィルター、パッケージをリニューアルした家庭用脱臭・消臭剤 TISPAシリーズ「香りでごまかさない本当の消臭」が好調に推移し、増収増益となりました。浴室向け床材は、堅調に推移し、売上、営業利益ともに前年同期並みとなりました。土木用資材、航空機向けカーペットは、好調に推移し増収増益となりました。以上の結果、2016年12月末に中超住江デバイス・テクノロジー株式会社を連結の範囲から除外した影響も
01/12 15:00 久光製薬 決算 平成30年2月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
減収、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益はともに減益となりました。<売上高>売上高は1,095億5千3百万円(前年同四半期比0.2%減)となりました。国内市場において、医療用医薬品事業は、経皮鎮痛消炎剤「モーラス RパップXR」等の売上は好調に推移しましたが、前年の薬価改定に伴う買い控えの反動や、後発品使用促進策による影響を引き続き受けたため、前年同四半期比2.6%の減収となりました。一般用医薬品事業は、依然として厳しい販売競争が続いていますが、主力商品の「サロンパス R」
01/12 15:00 オンワードホールディングス 決算 平成30年2月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
の施策に継続的に取り組むことで、減収ながら増益となりました。一方、グループ会社では、オンワード商事株式会社、株式会社アイランド、株式会社クリエイティブヨーコなどの主要子会社で増収増益となり、国内事業全体として減収ながら増益となりました。海外事業は、ユーロ、ポンド等主要通貨に対する円安基調により増収となりましたが、欧州における生産部門での契約形態の変更や、一部ライセンスビジネスでの苦戦などにより減益となりました。引き続き生産機能の安定化や収益性の回復・向上に向けた施策に取り組んでいます。これにより
01/12 15:00 メディア工房 決算 平成30年8月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
の収益増を図ってまいりました。電話占いを中心に、一部事業においては前年同期比売上増となりましたが、主軸事業である既存占いコンテンツが伸び悩み、占いコンテンツ事業全体としては前年同期比減益となりました。ゲームコンテンツ事業に関しては財務会計上減収となっておりますが、これは子会社において売上の計上方法を変更したことによるものであり、実質的な売上高としては前年と同水準であり、且つ前会計年度に行った一部ゲームコンテンツ事業の整理が奏功し、営業利益は増加しております。また、当第1四半期連結累計期間において
01/12 14:07 ツインバード工業 有報 四半期報告書-第56期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】(1)経営成績の分析当社グループの当第3四半期連結累計期間における売上高は9,499百万円となり、前年同期比79百万円の減収(増減率△0.8%)となりました。国内製造によるOEM 製品が引き続き堅調に推移するとともに、増加傾向にある単独世帯をターゲットとした冷凍冷蔵庫を新規投入し、ほぼ計画どおりの結果となりました。営業利益は125百万円となり、前年同期比163百万円
01/12 14:06 放電精密加工研究所 有報 四半期報告書-第57期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
た。営業利益は、増産対応の設備投資による減価償却費が増加したことなどにより、前年同期と比べ減益となりました。その結果、売上高は3,030百万円(前年同期比10.0%増)、営業利益は780百万円(同1.7%減)となりました。3機械装置等機械装置等は、デジタルサーボプレス機の販売、及びプレス部品加工の自動車関連部品などが減少したことにより、機械装置等全体で減収となりました。営業利益は、売上高の減収などにより、前年同期と比べ減益となりました。その結果、売上高は1,353百万円(同4.9%減)、営業利益
01/12 13:10 きょくとう 有報 四半期報告書-第39期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
業績は、前述のクリーニング総需要の減少傾向に加えて、夏場の台風や記録的な長雨などの天候不順の影響を受けて需要が低迷したことにより、売上高は5,396,226千円と前年同四半期と比べ104,515千円(1.9%)の減収となりました。利益につきましては、継続している生産性改善や不採算店の閉鎖など経費削減に努めましたが、営業利益は448,050千円と前年同四半期と比べ71,175千円(13.7%)の減益、経常利益は513,773千円と前年同四半期と比べ63,526千円(11.0%)の減益、四半期純利益
01/12 13:00 ツインバード工業 決算 平成30年2月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
売上高は9,499百万円となり、前年同期比79百万円の減収(増減率△0.8%)となりました。国内製造によるOEM 製品が引き続き堅調に推移するとともに、増加傾向にある単独世帯をターゲットとした冷凍冷蔵庫を新規投入し、ほぼ計画どおりの結果となりました。営業利益は125百万円となり、前年同期比163百万円の減益(増減率△56.6%)となりました。製品の原価低減等に取り組んだものの、ドル建ての製品調達レートが前年同期比円安となり、調達コストが増加したことに伴うものであります。経常利益は61百万円となり
01/12 12:49 ファーストリテイリング 有報 四半期報告書-第57期第1四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
業績により、大幅な増益となりました。2017年9月にはスペインに初出店し、大成功を収めています。[ジーユー事業]ジーユー事業の当第1四半期連結累計期間の売上収益は608億円(前年同期比5.6%増)、営業利益は90億円(同31.8%増)と、増収増益になりました。9月はトレンド商品を中心に順調な立ち上がりとなったものの、10月以降は防寒衣料などの実需アイテムが少なかったことにより、第1四半期の既存店売上高は減収となりました。一方で、値引きのコントロールや経費削減により、営業利益は増益となりました。4
01/12 12:14 松屋 有報 四半期報告書-第149期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
宣伝装飾部門、建装部門における受注が前年を下回ったことにより、売上高、営業利益とも前年実績を下回りました。以上の結果、ビル総合サービス及び広告業の売上高は3,645百万円と前年同四半期に比べ386百万円(△9.6%)の減収となり、営業利益は47百万円と前年同四半期に比べ45百万円(△48.7%)の減益となりました。4輸入商品販売業輸入商品販売業の㈱スキャンデックスにおきましては、主力ブランドの「イッタラ」で各種販売促進策等を組んだことにより、売上が順調に推移、また、直営店舗の効率的なオペレーション

お知らせ

QUICK Disclosureは、PRECISの協力のもとQUICKが提供しています。

TOP