企業開示ライブラリ

コード・名称
タイトル
全文検索
発表日
 - 
1カ月以前の開示情報はアップグレード版でご利用になれます。 詳しくはこちら
文書種別
EDINET
TDnet
取引所
プレスリリース
官公庁
※プレスリリース、官公庁へのリンクは、外部サイト「JPubb(ジェイパブ)」へ移動します。
上場 / 市場 / 業種
上場
市場
業種

1663 件

発表日時 発表者 タイトル
01/13 神戸物産 株主 2018年定時株主総会招集通知
//WWW.KOBEBUSSAN.CO.JP/)に掲載させていただきます。-2-(添付書類)事業報告平成28年11月1日から(平成29年10月31日まで)1.企業集団の現況(1)事業の経過及びその成果当連結会計年度におけるわが国経済は、日銀の金融政策や経済政策により持ち直しの動きが見られたものの、アメリカ大統領選挙以後の不安定な為替変動のほか、イギリスのEU 離脱問題、韓国や中国をはじめとした諸外国の経済情勢や政治動向の影響により、景気の先行きについては不透明な状況が続いております。また当社
01/13 くらコーポレーション 株主 第22期定時株主総会招集ご通知
伸び、緩やかな景気回復基調となりました。しかしながら雇用・所得環境の改善が賃金や物価の上昇につながらず、消費に勢いのない実感の乏しい「低温景気」が続きました。外食産業におきましては、競合他社の積極的な出店による影響や、労働需給ひっ迫による人件費の上昇など、当社グループにとって引き続き厳しい環境が継続しております。このような状況のもと、当社グループは『食の戦前回帰』を企業理念とし、添加物を含まない、素材そのものの味わいを求め、「食」が安心・安全だった戦前のバランスの取れた理想的で健康的な食生活を
01/13 ケア21 株主 2018年定時株主総会招集通知
引き続き取り組んでまいります。また、平成30年4月に予定されております介護報酬改定による業績への影響は不透明ではありますが、当社グループの中長期にわたる自律的成長に寄与すべく、福祉事業本部内に福祉・新規事業部を配し、介護保険周辺の新規事業に比重を置いた事業展開を図ることで、リソースの最適配分を実現し強靭な組織基盤の構築に努めてまいります。株主の皆様におかれましては、当社グループの経営活動に今後とも一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。-4-(5)財産及び損益の状況の推移1企業集団の財産
01/13 ベルグアース 株主 第17期定時株主総会招集ご通知
多角化を積極的に取組み企業価値の向上に努めてまいりました。損益面におきましては、苗事業は順調に推移したものの、新設農場の減価償却費や人件費等の製造費用が増加したことに加え、営業販売部門の強化に伴う人員増加、事業の多角化に向けた海外事業部門の新設等による間接部門の人件費等が増加するなど営業利益面で厳しい状況となりました。この結果、当連結会計年度の業績は、売上高4,623,167千円(前期比5.2%増)、営業損失59,175千円(前期は営業損失98,418千円)、経常損失71,410千円(前期は経常
01/13 システム ディ 株主 第36期 定時株主総会招集通知
業績に与える影響は多大です。また、近年取り組んでいる大規模ユーザを対象としたカスタマイズ案件においても、基盤となるパッケージソフトの商品力が重要となってまいります。当社パッケージソフトは従来から市場において高い評価を受けておりますが、更なる機能・品質の向上を図ることで、商品力を高めていくことが重要と考えております。2新規マーケットへの展開業界における企業間競争が激化する中におきまして、当社グループは、従来から対象としていたマーケット以外の顧客に対する営業展開を並行して進めております。具体的には、
01/12 19:23 まんだらけ CG コーポレート・ガバナンス報告書
豊かで創造的な暮らしを提供してまいります。 (2)当社のコーポレートガバナンスに関する基本的な考え方と基本方針につきましては、本報告書「1.基本的な考え方」をご参照ください。 (3)当社の役員報酬につきましては、株主総会の決議による取締役及び監査役それぞれの年額報酬限度額の範囲で、会社業績や当社を取り巻く経済情勢等を考慮し、各役員の職務の内容や業績への貢献度を総合的に勘案のうえ、算定しております。 (4)当社は、取締役及び監査役候補の指名に当たり、当社が掲げる経営理念と経営方針の実現に向け
01/12 18:10 ファステップス 決算 平成30年2月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
四半期の連結業績(平成29年3月1日~平成29年11月30日)(1)連結経営成績(累計)(%表示は、対前年同四半期増減率)売上高営業利益経常利益親会社株主に帰属する四半期純利益百万円%百万円%百万円%百万円%30年2月期第3四半期839△79.6△76-△87-△123-29年2月期第3四半期4,115△41.9△195-△182-△143-(注)包括利益30年2月期第3四半期△139百万円(-%)29年2月期第3四半期△159百万円(-%)1株当たり四半期純利益潜在株式調整後1株当たり四半期純
01/12 18:00 タカラレーベン・インフラ投資法人 IR 平成29年11月期 決算短信(インフラファンド)
期末時点で50.5%となっております。なお、平成29年11月30日現在の本投資法人の格付の取得状況は以下のとおりです。<格付>信用格付業者格付内容格付の方向性株式会社日本格付研究所 A-安定的-3-タカラレーベン・インフラ投資法人(9281)平成29年11月期決算短信 D 業績及び分配の概要上記運用の結果、当期の業績は、営業収益1,062百万円、営業利益422百万円、経常利益369百万円、当期純利益368百万円となりました。分配金については、本投資法人の規約第38条に定める金銭の分配の方針に
01/12 17:31 インタースペース CG コーポレート・ガバナンス報告書
現在、支配株主との取引等はございません。 万一、当社が支配株主との取引等を行う際は、一般の取引と同様の適正条件で行うことを基本方針としております。従いまして、監査役会による監視・監督の下、会社法の定めに従い取締役会において決議を行い、当社および少数株主に不利益とならないよう法令・規則を遵守し適切に対応してまいります。 5.その他コーポレート・ガバナンスに重要な影響を与えうる特別な事情 当社は、親会社や上場子会社を有しておりません。よって、その他コーポレート・ガバナンスに重要な影響を与え
01/12 17:20 クリエイト・レストランツ・ホールディングス IR 「海南鶏飯食堂(ハイナンジーファンショクドウ)」を展開するルートナインジーグループとの資本・業務提携に関するお知らせ
1-16東京都渋谷区恵比寿1-21-14(3)代表者代表取締役社長小柴茂樹代表取締役社長中西紫朗(4)主な事業内容海南鶏飯食堂の運営海南鶏飯食堂2の運営(5)資本金20百万円3百万円(6)設立年月日平成14年9月6日平成17年6月20日(7)当社との関係人的関係、資本関係、取引関係ともにありません4.日程平成30年1月12日資本・業務提携契約締結平成30年1月31日 RN 社の第三者割当増資実行平成30年3月1日合併後新会社「株式会社ルートナインジー」発足(予定)5.今後の見通し当期(平成30年2月期)の業績に与える影響はありません。来期(平成31年2月期)以降の連結業績に関しましては、平成30年4月中旬発表予定の当期決算発表時にお知らせいたします。以上-2-
01/12 17:20 クリエイト・レストランツ・ホールディングス IR 株式会社イクスピアリの直営飲食事業の譲受けに関するお知らせ
ならびに映画館の運営(5)資本金450百万円(6)設立年月日平成11年3月4日4.取得前後の状況(1)異動前の所有株式数0株(2)取得株式数700株(3)異動後の所有株式数700株(取得割合100.0%)5.日程平成30年3月1日株式取得(予定)6.今後の見通し当期(平成30年2月期)の業績に与える影響はありません。来期(平成31年2月期)以降の連結業績に関しましては、平成30年4月中旬発表予定の当期決算発表時にお知らせいたします。-2-7.その他複合商業施設「イクスピアリ」においては、CB 社が運営
01/12 17:16 東芝 CG コーポレート・ガバナンス報告書
「監査委員会通報制度運用規程」に基づき、経営、 業績影響を及ぼす重要な事項が生じた場合、監査委員会に対して都度報告を行う。 イ.当社の子会社は、「東芝グループ監査役連絡会」等を通じ、定期的に当該子会社の状況等を当社の監査委員会に報告をする。また、 当社は、子会社の監査役又は監査連絡責任者が当該子会社の違法行為等を認めた場合、監査委員会に対して通報できる「東芝グ ループ監査役ホットライン」を設置する。 ウ.当社は、「監査委員会通報制度運用規程」に基づき、当社の役職員又は国内の子会社の
01/12 17:10 パソナグループ 有報 四半期報告書-第11期第2四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
長崎ダイヤモンドスタッフ株式会社に商号変更予定)の株式を、3分の2を超えて取得の上、子会社化するための基本合意書を締結することを決議し、同日付で基本合意書を締結しております。3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】文中の将来に関する事項は、本四半期報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。(1)業績の状況1当第2四半期の経営成績当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、海外情勢や地政学的リスクの影響等に留意する状況が続いたものの、国内では企業収益や雇用環境
01/12 17:05 ヤマダ・エスバイエルホーム 有報 四半期報告書-第67期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
あります。(1)業績の状況当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、北朝鮮情勢などの地政学的なリスクの高まりがあったものの、政府による経済政策を背景に、雇用環境、企業業績の改善は続き、景気は回復基調で推移しました。しかしながら、景気回復効果は全体への十分な波及には至らず、個人消費は緩やかな回復に留まりました。住宅市場におきましては、前期から続いているマイナス金利政策の影響により住宅ローン金利は低水準で推移しているものの、個人向けアパートローンの減速などもあり、前期に比べ住宅着工戸数の勢いに
01/12 17:02 システムインテグレータ 有報 四半期報告書-第23期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
おります。今後の調停の結果によっては、当社の業績影響を与える可能性がありますが、当第3四半期会計期間末では、その影響額を合理的に見積もることは困難であります。(四半期キャッシュ・フロー計算書関係)当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。前第3四半期累計期間(自平成28年3月1日至平成28年11月30日)当第3四半期累計期間(自平成29年3月1日至平成29年1
01/12 17:00 ヤマダ・エスバイエルホーム 決算 平成30年2月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
雇用環境、企業業績の改善は続き、景気は回復基調で推移しました。しかしながら、景気回復効果は全体への十分な波及には至らず、個人消費は緩やかな回復に留まりました。住宅市場におきましては、前期から続いているマイナス金利政策の影響により住宅ローン金利は低水準で推移しているものの、個人向けアパートローンの減速などもあり、前期に比べ住宅着工戸数の勢いに鈍化が見られました。このような事業環境のもと、当社は、ヤマダ電機グループ内のシナジーをより一層発揮した販売戦略をはじめ、以下の5つの重点施策を当第3四半期も継続
01/12 17:00 東京ソワール IR 株式併合、単元株式数の変更および定款の一部変更に関するお知らせ
株式総数に株式の併合割合を乗じた理論値です。4株式併合による影響等株式併合により、発行済株式総数が5分の1に減少することとなりますが、純資産等は変動しませんので、1株当たり純資産額は5倍となり、株式市況の変動など他の要因を除けば、当社株式の資産価値に変動はありません。(3)株式併合により減少する株主数平成29年6月30日現在の当社株主名簿に基づく株主構成は、次のとおりであります。【当社の株主構成】(平成29年6月30日現在)株主数(割合)所有株式数(割合)総株主2,434名(100.0%)19,3
01/12 17:00 ファーマライズホールディングス 決算 平成30年5月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
アナリスト・機関投資家向け)(百万円未満切捨て)1.平成30年5月期第2四半期の連結業績(平成29年6月1日~平成29年11月30日)(1)連結経営成績(累計)(%表示は、対前年同四半期増減率)売上高営業利益経常利益親会社株主に帰属する四半期純利益百万円%百万円%百万円%百万円%30年5月期第2四半期27,2327.9584241.5526328.3148-29年5月期第2四半期25,23618.1171△65.8122△70.9△111-(注)包括利益30年5月期第2四半期83百万円(-%)29年5月
01/12 17:00 ファーストブラザーズ IR 2017年11月期 決算説明資料
後ろ倒しとなったことも、各段階利益の減少に影響しました。なお、売却時期が後ろ倒しになった物件売却による売上及び利益は、2018年11月期の業績に上乗せされる見込みです。(百万円)2015/11期2016/11期2017/11期前期比売上高4,55714,60618,76628.5%売上総利益3,9895,2384,720-9.9%販売費及び一般管理費1,1571,2721,3475.9%営業利益2,8323,9663,373-15.0%経常利益2,6583,6623,060-16.4%親会社株主に
01/12 17:00 ファーストブラザーズ 決算 平成29年11月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
価値の向上という観点から、内部留保資金を成長投資に充てる必要があると認識する一方で、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要な施策の一つと位置付けており、配当については、継続的かつ安定的に行うとともに、会社の成長に応じて中長期的に増加させていきたいと考えております。当社グループの業績は、その事業の特性から、不動産市況をはじめとするマクロ経済の動向、取引の相手方の意思決定等を含む様々な外部要因の影響を受けます。また、特に不動産投資案件については、個別案件の取引額が比較的大きいため、特定の売買取引の成否

お知らせ

QUICK Disclosureは、PRECISの協力のもとQUICKが提供しています。

TOP