企業開示ライブラリ

コード・名称
タイトル
全文検索
発表日
 - 
1カ月以前の開示情報はアップグレード版でご利用になれます。 詳しくはこちら
文書種別
EDINET
TDnet
取引所
プレスリリース
官公庁
※プレスリリース、官公庁へのリンクは、外部サイト「JPubb(ジェイパブ)」へ移動します。
上場 / 市場 / 業種
上場
市場
業種

1387 件

発表日時 発表者 タイトル
01/13 神戸物産 株主 2018年定時株主総会招集通知
資本等変動計算書2連結計算書類の連結注記表3計算書類の株主資本等変動計算書4計算書類の個別注記表したがって、本招集通知の添付書類は、監査役が監査報告を、会計監査人が会計監査報告をそれぞれ作成するに際して監査をした連結計算書類または計算書類の一部であります。当日ご出席の際は、お手数ながら同封の議決権行使書用紙を会場受付にご提出くださいますようお願い申しあげます。なお、株主総会参考書類並びに事業報告、連結計算書類及び計算書類に修正が生じた場合は、インターネット上の当社ウェブサイト(アドレスHTTP:
01/13 くらコーポレーション 株主 第22期定時株主総会招集ご通知
から平成29年10月31日まで)計算書類報告の件取締役8名選任の件監査役1名選任の件以上(お願い)※当日ご出席の際は、お手数ながら同封の議決権行使書用紙を会場受付にご提出くださいますようお願い申しあげます。※株主総会参考書類並びに事業報告、計算書類及び連結計算書類に記載すべき事項を修正する必要が生じた場合は、修正後の事項をインターネット上の当社ウェブサイト(HTTP://WWW.KURA-CORPO.CO.JP/)に掲載させていただきますのでご了承ください。※連結計算書類の連結注記表及び計算書類の
01/13 ケア21 株主 2018年定時株主総会招集通知
個とさせていただきます。なお、株主総会参考書類、事業報告、連結計算書類及び計算書類に修正が生じた場合は、インターネット上の当社ウェブサイト(HTTP://WWW.CARE21.CO.JP/)に掲載させていただきます。-1-(添付書類)事業報告平成28年11月1日から〔平成29年10月31日まで〕1.企業集団の現況に関する事項(1)事業の経過及び成果当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益を中心に改善傾向が継続しており、こうした好調な企業収益を、設備投資や賃上げ等につなげ、経済に更なる好循環を
01/13 ベルグアース 株主 第17期定時株主総会招集ご通知
書類報告の件決議事項第1号議案剰余金の処分の件第2号議案補欠監査役1名選任の件以上◎当日ご出席の際には、お手数ながら同封の議決権行使書用紙を会場受付にご提出くださいますようお願い申し上げます。また、資源節約のため、この「招集通知」をご持参くださいますようお願い申し上げます。◎株主総会参考書類、事業報告、計算書類並びに連結計算書類に修正が生じた場合は、インターネット上の当社ウェブサイト(HTTP://WWW.BERGEART
01/13 システム ディ 株主 第36期 定時株主総会招集通知
.第36期(平成28年11月1日から平成29年10月31日まで)計算書類報告の件剰余金処分の件取締役8名選任の件監査役2名選任の件取締役および監査役の報酬額改定の件退任取締役に対し退職慰労金贈呈の件以上1.当日ご出席の際は、お手数ながら同封の議決権行使書用紙を会場受付にご提出下さいますようお願い申し上げます。2.株主総会参考書類ならびに事業報告、連結計算書類および計算書類に修正が生じた場合は、インターネット上の当社ウェブサイト(アドレス HTTP://WWW.SYSTEMD.CO.JP/)に掲載
01/12 18:10 ファステップス IR 通期連結業績予想の修正に関するお知らせ
平成30年1月12日各位会社名株式会社ファステップス代表者名代表取締役社長髙橋秀行(コード番号2338東証第二部)問合せ先取締役管理部長村山雅経 T E L 03-5360-8998(代表)通期連結業績予想の修正に関するお知らせ当社は、平成29年10月4日に公表した平成30年2月期の通期連結業績予想を修正することを決議いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。記1.平成30年2月期通期連結業績予想数値の修正(平成29年3月1日~平成30年2月28日)売上高営業利益経常利益親会社株主に帰属
01/12 18:10 ファステップス 決算 平成30年2月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
公表されている配当予想からの修正の有無:無3.平成30年2月期の連結業績予想(平成29年3月1日~平成30年2月28日)(%表示は、対前期増減率)親会社株主に帰属1株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円%百万円%百万円%百万円%円銭通期1,040△79.0△125-△135-△180-△37.43(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無:有※注記事項(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動:有(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動)除外1社(社名)株式
01/12 18:00 タカラレーベン・インフラ投資法人 IR 平成29年11月期 決算短信(インフラファンド)
,568(参考)1口当たり予想当期純利益(30年5月期)3,444円、1口当たり予想当期純利益(30年11月期)2,855円、1口当たり予想当期純利益(31年5月期)3,251円想定期末発行済総投資口数117,976口※その他(1)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示1会計基準等の改正に伴う会計方針の変更:無21以外の会計方針の変更:無3会計上の見積りの変更:無4修正再表示:無(2)発行済投資口の総口数1期末発行済投資口の総口数(自己投資口を含む)29年11月期117,976口29年
01/12 17:10 パソナグループ 有報 四半期報告書-第11期第2四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
長崎ダイヤモンドスタッフ株式会社に商号変更予定)の株式を、3分の2を超えて取得の上、子会社化するための基本合意書を締結することを決議し、同日付で基本合意書を締結しております。3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】文中の将来に関する事項は、本四半期報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。(1)業績の状況1当第2四半期の経営成績当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、海外情勢や地政学的リスクの影響等に留意する状況が続いたものの、国内では企業収益や雇用環境
01/12 17:05 ヤマダ・エスバイエルホーム 有報 四半期報告書-第67期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
あります。(1)業績の状況当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、北朝鮮情勢などの地政学的なリスクの高まりがあったものの、政府による経済政策を背景に、雇用環境、企業業績の改善は続き、景気は回復基調で推移しました。しかしながら、景気回復効果は全体への十分な波及には至らず、個人消費は緩やかな回復に留まりました。住宅市場におきましては、前期から続いているマイナス金利政策の影響により住宅ローン金利は低水準で推移しているものの、個人向けアパートローンの減速などもあり、前期に比べ住宅着工戸数の勢いに
01/12 17:02 システムインテグレータ 有報 四半期報告書-第23期第3四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
】(1)経営成績の分析文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が独自に判断したものであります。当第3四半期累計期間の業績は、売上高2,243,904千円(前年同四半期比0.7%減)、売上総利益836,168千円(前年同四半期比35.0%増)、営業利益253,453千円(前年同四半期比124.6%増)、経常利益254,970千円(前年同四半期比121.1%増)、四半期純利益176,289千円(前年同四半期比153.8%増)となりました。当期は、中期経営計画「CORE 201
01/12 17:00 ヤマダ・エスバイエルホーム 決算 平成30年2月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
0年2月期-0.00-30年2月期(予想)0.000.00(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無:無3.平成30年2月期の連結業績予想(平成29年3月1日~平成30年2月28日)(%表示は、対前期増減率)売上高営業利益経常利益親会社株主に帰属1株当たりする当期純利益当期純利益百万円%百万円%百万円%百万円%円銭通期52,00019.0300-280-200-0.98(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無:無※注記事項(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動(
01/12 17:00 インターアクション 決算 平成30年5月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
年5月期-0.00-12.0012.0030年5月期-0.0030年5月期(予想)-10.0010.00(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無:無平成29年5月期期末配当金の内訳普通配当10円記念配当2円3.平成30年5月期の連結業績予想(平成29年6月1日~平成30年5月31日)売上高営業利益経常利益親会社株主に帰属する当期純利益(%表示は、対前期増減率)1株当たり当期純利益百万円%百万円%百万円%百万円%円銭通期4,980△7.256630.050521.14206.544.39
01/12 17:00 ファーマライズホールディングス 決算 平成30年5月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
9年5月期-0.00-14.0014.0030年5月期-0.0030年5月期(予想)-14.0014.00(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無:無3.平成30年5月期の連結業績予想(平成29年6月1日~平成30年5月31日)(%表示は、対前期増減率)売上高営業利益経常利益親会社株主に帰属1株当たりする当期純利益当期純利益百万円%百万円%百万円%百万円%円銭通期54,6003.11,015129.2890174.5205-22.68(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無:
01/12 17:00 ファーストブラザーズ IR 2017年11月期 決算説明資料
やすい環境を整えることで、当社株式の流動性の向上及び投資家層の拡大を図ることを目的としております。なお、配当予想については、株式分割による発行済株式総数の増加に伴う1株当たりの配当予想の修正を行いましたが、前回予想からの実質的な変更はありません。分割により増加する株式数株式分割前の発行済株式総数株式分割後の発行済株式総数株式分割後の発行可能株式総数7,222,500株14,445,000株46,000,000株株主還元配当の基本方針配当は年1回(期末)短期業績の変動によらず継続的・安定的に実施
01/12 17:00 ファーストブラザーズ 決算 平成29年11月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
説明会開催の有無:有(機関投資家・アナリスト向け)(百万円未満切捨て)1.平成29年11月期の連結業績(平成28年12月1日~平成29年11月30日)(1)連結経営成績(%表示は対前期増減率)売上高営業利益経常利益親会社株主に帰属する当期純利益百万円%百万円%百万円%百万円%29年11月期18,76628.53,373△15.03,060△16.42,048△10.428年11月期14,606220.53,96640.03,66237.82,28737.7(注)包括利益29年11月期2,079百万
01/12 17:00 シー・エス・ランバー 予想 通期業績予想の修正に関するお知らせ
各位平成30年1月12日会社名株式会社シー・エス・ランバー代表者名代表取締役社長中井千代助(コード番号:7808東証 JASDAQ)問合せ先取締役管理本部長鈴木正裕(TEL 043-213-8810)通期業績予想の修正に関するお知らせ最近の業績動向を踏まえ、平成29年11月15日に公表いたしました平成29年11月期通期の業績予想を、下記のとおりに修正いたしましたのでお知らせいたします。記1.平成29年11月期通期連結業績予想の修正(平成28年12月1日~平成29年11月30日)売上高営業利益
01/12 16:43 農業総合研究所 有報 四半期報告書-第12期第1四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。なお、前連結会計年度末より連結財務諸表を作成しているため、前年同四半期累計期間との比較分析は行っておりません。(1)業績の状況当第1四半期連結累計期間(平成29年9月1日~平成29年11月30日)におけるわが国経済は、海外経済の不確実性などに対する懸念があるものの、政府による景気対策や日銀の金融緩和策等の効果もあり、景気は緩やかな回復を続けております。しかしながら、株式市場や為替相場が変動する等、
01/12 16:41 ファステップス 有報 四半期報告書-第19期第3四半期(平成29年3月1日-平成29年11月30日)
テップス(E05315)四半期報告書(1)経営成績の分析当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、好調な企業業績に支えられて、日経平均株価がバブル経済崩壊後の最高値を更新するなど改善の兆しが見られましたが、海外情勢・経済の不確実性の高まりや金融資本市場の変動による影響が懸念されており、我が国の景気を下押しするリスクは依然として含まれております。このような状況のもと、当社グループは新規事業として仮想通貨取引所運営事業及び仮想通貨の採掘(マイニング)事業のグローバル展開を通じ、事業基盤の更なる
01/12 16:39 JESCOホールディングス 有報 四半期報告書-第49期第1四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)
財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。(1)業績の状況当第1四半期連結累計期間(平成29年9月1日~平成29年11月30日)におけるわが国経済は、政府等の施策の効果もあり、設備投資は増加傾向を維持し、雇用環境も改善され、また、株式市場が回復するなど、全般的に企業を取り巻く環境は順調に推移しております。また、首都圏を中心とした再開発やインフラの老朽化に伴うリニューアル市場の伸びも

お知らせ

QUICK Disclosureは、PRECISの協力のもとQUICKが提供しています。

TOP