企業開示ライブラリ

コード・名称
タイトル
全文検索
発表日
 - 
1カ月以前の開示情報はアップグレード版でご利用になれます。 詳しくはこちら
文書種別
EDINET
TDnet
取引所
プレスリリース
官公庁
※プレスリリース、官公庁へのリンクは、外部サイト「JPubb(ジェイパブ)」へ移動します。
上場 / 市場 / 業種
上場
市場
業種

1222 件

発表日時 発表者 タイトル
02/14 23:30 アエリア IR 子会社の株式移転による中間持株会社設立に関するお知らせ
する新株予約権1個につき、後記「2算定の概要」に記載の合併比率の割合をもって当社の新株予約権を新たに発行し、割り当てる方針です。-3-リベルが発行している第1回新株予約権(平成29年6月30日発行、残存数40個)は、リベルの業績が大幅に増収増益を達成していることから、リベルの企業価値が大幅に向上しているため、リベル株式の株価算定並びに新株予約権の算定を実施して交付する予定であります。そのため、当社がリベル HD の新株予約権者に対して交付する新株予約権は、当社の普通株式約70億円相当の潜在株式に
02/14 21:00 GMOクラウド IR 平成29年12月期 通期決算説明会資料
+35.3%経常利益206268232253332+31.1%親会社帰属利益※7218617618389-51.4%10 COPYRIGHT (C)2018 GMO CLOUD K.K. ALL RIGHTS RESERVED.2017年12月期通期決算概要2017年通期セグメント情報[年度比較]セキュリティ事業は、海外中心に増収、IAMのれん償却終了も増益に貢献クラウド・ホスティング事業は、新規事業費用負担かさみ減益売上高百万円営業利益百万円セグメント2016年2017年前年同期比
02/14 18:00 西本WISMETTACホールディングス 決算 平成29年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
地域におきましては、売上高は順調に伸長いたしましたが、営業・商品・物流各部門の強化を目的とした増員に加え、人件費及び物流費の上昇に伴い販売費及び一般管理費が増加し、増収減益の結果となりました。北米以外の地域につきましては、既存拠点における事業拡大及び収益力の強化に加え、英国・HARRO FOODS LIMITED 、香港・慧思味達日本食品有限公司(平成29年9月29日付けで「日本食品有限公司」より社名変更)を連結子会社化したことにより、増収増益となりました。2農水産商社事業農水産商社事業の当連結
02/14 17:05 アウトソーシング 決算 2017年12月期決算短信〔IFRS〕(連結)
順調に進捗し、大幅な増収増益となりました。以上の結果、売上収益は28,925百万円(前期比37.6%増)、営業利益は1,232百万円(前期比78.9%増)となりました。(海外製造系及びサービス系事業)海外製造系及びサービス系事業におきましては、各国の景気は日本と比べるとおおむね高い水準であり、当業界の活用ニーズも大きく活況であります。これまでアジアの日系メーカー向けを中心に展開してまいりましたが、当期よりドイツにおける欧州大手メーカー向けも加わり、前期の欧米企業向けのアジアペイロール事業と併せて
02/14 17:00 サトーホールディングス 有報 四半期報告書-第68期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
報告セグメントから、事業別からなる「自動認識ソリューション事業(日本)」「自動認識ソリューション事業(海外)」「素材事業」の3報告セグメントに変更しております。なお、前年同期比較については、前年同期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しております。<自動認識ソリューション事業(日本)>日本事業においては、製造業やEコマースを中心に需要が旺盛で、全ての市場で前年同期比増収となりました。また、第3四半期累計として過去最高の売上となり、前年・計画に対し増収増益を達成しました。人手不足や
02/14 17:00 ブロードリーフ IR 2017年12月期決算説明資料
LTD. FY2017 INVESTOR RELATIONS POINT 業績予想を超過し、前期比増収増益で着地(単位:百万円) FY2016 FY2017通期通期(※)増減率予想(8/4)達成率売上収益16,76018,195+8.6%17,800102.2%営業利益2,9533,011+2.0%2,100143.4%当期利益1,8761,932+3.0%1,240155.8% EPS 39.47円43.63円+10.5%28.00円155.8%※2017年8月からタジマを連結 COPYRI
02/14 16:50 市光工業 決算 平成29年12月期決算短信〔日本基準〕(連結)
買い控えが収束したことによる内需の回復などから前年同一期間比で増加となったことを主因に、アセアン3カ国合計では前年同一期間比で増加となりました。なお、インドネシアの自動車生産台数は前年同一期間並み、マレーシアの自動車生産台数は国内販売の不振から前年同一期間比で減少となりました。また、中国の自動車生産台数は、堅調な国内経済に支えられ、前年同一期間比で増加となりました。このような環境の下、好調な国内受注増やアセアンの海外子会社の業績回復を主因に前年同一期間比で増収増益となりました。他方、当社がヴァレオの
02/14 16:46 日信工業 有報 四半期報告書-第65期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
により、140,783百万円と前年同期に比べ16.8%の増収となりました。営業利益は、品質関連費用、減価償却費の増加及び材料市況の上昇を含む原価率上昇はあったものの、増収効果及び為替影響などにより、9,809百万円と前年同期に比べ3.2%の増益となりました。税引前四半期利益は、持分法による投資損失の計上に伴い△3,738百万円、四半期利益は△6,019百万円、親会社の所有者に帰属する四半期利益は△8,791百万円となりました。当第3四半期連結累計期間において、当社の持分法適用関連会社であるオート
02/14 16:39 アウトソーシング 有報 訂正四半期報告書-第21期第3四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)
9%増)、営業利益は392百万円(前年同期比22.6%減)となりました。5/48(海外技術系事業)海外技術系事業におきましては、前期より本格的に進出しました豪州や英国といった先進国でのM&A 戦略が順調に進捗し、大幅な増収増益となりました。以上の結果、売上収益は21,271百万円(前年同期比46.6%増)、営業利益は843百万円(前年同期比60.0%増)となりました。 EDINET 提出書類株式会社アウトソーシング(E05447)訂正四半期報告書(海外製造系及びサービス系事業)海外製造系及び
02/14 16:38 アウトソーシング 有報 訂正四半期報告書-第21期第1四半期(平成29年1月1日-平成29年3月31日)
同期比31.9%増)、営業利益は98百万円(前年同期比15.6%減)となりました。(海外技術系事業)海外技術系事業におきましては、前期にM&Aによって強化した豪州や英国といった先進国での事業が順調に進捗し、大幅な増収増益となりました。以上の結果、売上収益は6,491百万円(前年同期比170.5%増)、営業利益は164百万円(前年同期比100.8%増)となりました。(海外製造系及びサービス系事業)海外製造系及びサービス系事業におきましては、各国の景気はやや停滞気味ですが日本と比べると高い水準であり
02/14 16:38 アウトソーシング 有報 訂正四半期報告書-第21期第2四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)
にくい公共向け事業が順調に進捗し、大幅な増収増益となりました。以上の結果、売上収益は13,560百万円(前年同期比59.2%増)、営業利益は455百万円(前年同期比58.3%増)となりました。(海外製造系及びサービス系事業)海外製造系及びサービス系事業におきましては、各国の景気は日本と比べるとおおむね高い水準であり、当業界の活用ニーズも大きく活況であります。これまでアジアの日系メーカー向けを中心に展開してまいりましたが、当期よりドイツにおける欧州大手メーカー向けも加わり、昨年の欧米企業向けのアジ
02/14 16:37 アウトソーシング 有報 訂正有価証券報告書-第20期(平成28年1月1日-平成28年12月31日)
に進捗し、大幅な増収増益となりました。以上の結果、売上収益は21,022百万円(前期比448.5%増)、営業利益は688百万円(前期比422.1%増)となりました。15/162EDINET 提出書類株式会社アウトソーシング(E05447)訂正有価証券報告書(海外製造系及びサービス系事業)海外製造系及びサービス系事業におきましては、中国の景気減速をはじめアジア各国の景気がやや停滞しておりますが、日本と比較すると高水準の成長を続けており、当業界の活用ニーズも大きく、日系人材会社としての強みを活かして
02/14 16:35 ゼニス羽田ホールディングス 有報 四半期報告書-第7期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
及びプレキャストガードフェンス等の振動製品及び落石防護柵の防災製品等の出荷が順調に推移したことから売上高は、10,393百万円、前年同四半期と比べ1,323百万円(14.6%)の増収となりました。営業利益は1,809百万円、前年同四半期と比べ301百万円(20.0%)の増益となりました。2セラミック事業セラミック事業は、売上高は707百万円、前年同四半期と比べ33百万円(4.9%)の増収となりました。営業利益は76百万円、前年同四半期と比べ36百万円(90.1%)の増益となりました。3工事事業工事
02/14 16:30 シーシーエス 臨報 臨時報告書 提出理由:株式交換の決定
算定の前提とした両社の財務予測には、大幅な増収増益を見込んでいる事業年度を含んでおります。具体的には、オプテックスグループについては、平成31年12月期において売上高が前年度対比約12.5%増加し、平成32年12月期において売上高が前年度対比約13.7%、営業利益が前年度対比約29.8%増加することを見込んでおります。シーシーエスについては平成31年12月期において売上高が前年度対比約15.9%増加し、平成32年12月期において売上高が前年度対比約14.5%増加することを見込んでおります。これ
02/14 16:30 第一生命ホールディングス IR 2018年3月期 第3四半期決算補足資料(第一生命ホールディングス株式会社分)
販売が順調に推移しました。第3四半期累計の新契約年換算保険料のうち、保障性商品の占率は約8割となっています。また、根強い貯蓄ニーズに応え、第一フロンティア生命が商品改定や新商品投入を行った結果、販売量が大きく改善しました。第一生命の営業職によるフロンティア商品の販売も本格化し、国内生保3社で環境に応じた商品・チャネルミックスの戦略的シフトが進んでいます。海外でも各国で新契約が順調な伸びを見せました。第二に、連結業績についてです。前年同期比で増収増益となり、連結純利益・グループ修正利益共に想定を
02/14 16:25 ラオックス 決算 平成29年12月期決算短信〔日本基準〕(連結)
有限公司(旧社名:蘇寧雲商集団股有限公司)の販売戦略に対応した商品を効率的に販売することが可能となりました。これらの結果、当連結会計年度の売上高は642億91百万円(前年同期は627億64百万円、2.4%増)、営業利益は1億38百万円(前年同期は9億55百万円の損失)と前年同期に比べ増収増益となり黒字に転換いたしました。今後、更に訪日外国人観光客は増加と消費動向の多様化が進むと予測しており、これまでの取り組みを進化させると同時に、将来の市場変化を先取りした新たな顧客の獲得により、更なる業績の向上
02/14 16:18 平山ホールディングス 有報 四半期報告書-第52期第2四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
派遣事業では、輸送用機器、住設関連、食品関連分野からの受注は引き続き堅調に推移し増収増益を確保いたしました。人材採用環境が厳しい中、効率的な採用と定着に注力いたしました。この結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高6,504,394千円(前年同四半期比15.8%増)、営業利益127,036千円(前年同四半期比2586.9%増)、経常利益147,651千円(前年同四半期比242.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は消費税等簡易課税差額収入が特別利益として175,560千円発生したこと
02/14 16:16 アスモ 有報 四半期報告書-第43期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
伴い、介護職員処遇改善加算Ⅰを新たに取得した事などから増収増益となりました。これにより、当第3四半期連結会計期間末現在、訪問介護事業所37事業所(前年同四半期末は36事業所)、居宅支援事業所13事業所(前年同四半期末は12事業所)となり、支援させていただいておりますご契約者様は、1,938名(前年同四半期末は1,757名)。有料老人ホーム6施設(前年同四半期末は4施設)、ご入居者様数は256名(前年同四半期末は116名)となりました。以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は4,288百万円
02/14 16:10 サンリオ 有報 四半期報告書-第58期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
ピューロビレッジにイルミネーションを増設し、ビレッジ全体で演出をした『ハローキティ』のイルミネーションショー「SPARKLE!!」の上演、9月からのハロウィーン期間には平日の営業時間を1時間延長したこと、クリスマスイベントでは増設したイルミネーションによる演出効果をあげたこと、さらに、企業タイアップイベント等の利用が大きく増員に貢献したことにより入園者数は1,013千人(前年同期比11.1%増、101千人増)となりました。営業損益は、売上増加による増益に対し、開園時間延長による人件費や、4F
02/14 16:08 IHI 有報 四半期報告書-第201期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
プロセスプラントで採算が悪化したものの,前年同期にあったF-LNG・海洋構造物やボイラにおける採算悪化が解消したことや,各報告セグメントでの増収による増益及び民間向け航空エンジンの採算改善などにより,320億円増益の515億円となりました。経常利益は,持分法による投資損益が悪化したことなどにより増益幅が縮小し,209億円増益の296億円となり,親会社株主に帰属する四半期純損益は,190億円増益の98億円となりました。持分法による投資損益の悪化については,当社の関連会社であるジャパンマリンユナイテッド

お知らせ

QUICK Disclosureは、PRECISの協力のもとQUICKが提供しています。

TOP